Twitterがサイトやアプリのデザインを一新したことを発表しました。突如としてアプリの画面がシンプルになり、なによりもアイコンの形が四角から丸に変わったことに驚いた人も多いはずですが、UIを含めたリデザインで使い勝手の向上が図られている一方で、ネットでは「Twitterから21.46%の情報が失われた」と少し気になることを言う人も出てきています。

新しいデザインになりました

https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/product/2017/TwitteJP1.html

2017年6月15日、Twitterは公式ブログでサイトやアプリのデザイン更新を発表しました。今回の変更の目的は、「より軽く、速く、簡単にご利用いただけるように」とのことで、変更点をわかりやすく示したGIFアニメーションが公開されています。



また、日本語の公式ブログでも以下のように変更点が記載されています。

プロフィール、別のアカウントへの切り替え、設定、プライバシーをひとつの場所にまとめました。横には新しいサイドナビゲーションメニューを付け、下のタブは数を減らすことで、以前よりもすっきりさせ、ブラウジングしやすくしました。昨年提供をはじめて皆さんから好評だったAndroidの仕様をiOSにも取り入れました。

ツイートに入っているリンクをクリックすると、Twitterのアプリ上においてSafariで該当ページを表示します。これにより、すでにご自分がサインインしているサイトへのアクセスが簡単になります。この機能はiOSでご利用いただけます。

見出しの部分を太字にすることで、何をしているのかがはっきりわかるようにしました。また、プロフィールアイコンをこれまでの四角い形から丸い形に変えることで、添付画像との違いもはっきりし、誰が何を話しているかがよりわかりやすくなります。

直感的にわかりやすいアイコンを取り入れることで、初めてTwitterをご利用される方々にはもちろん、どなたにとってもよりツイートしやすくしました。これまでの返信ツイートの矢印アイコンを「削除」や「前に戻る」だと思われている方々もいらっしゃったので、多くの方々がご存知で親しみのあるとして選ばれた「吹き出し」アイコンに変更しました。

Twitterでの会話をより「ライブ」に感じていただけるよう、「返信」「リツイート」や「いいね」の数も瞬時に更新されるようにしました。この機能はiOSとAndroidにおいて順次提供されます。

色のコントラストを強くしたり、リンクをクリックした際に常にSafariの「リーダー表示」を利用できるようにするなど、アクセシビリティの選択肢を増やしました。こちらはiOSでご利用いただけます。


Twitterのデザインがどんな風に変化したのかは以下のムービーを見ると一発でわかります。



この変更を受け、さっそく(?)ネットでもいろいろと盛り上がりはじめています。

【そして全て丸くなった】Twitterのアイコンが急に丸くなったことでTLが大混乱!→なお、得したアイコンも…?「その日、Twitterから21.46%の情報が失われた」 - Togetterまとめ

https://togetter.com/li/1120561

今回の改変で、「Twitterの情報量が減った」とする声も。正方形と同じ面積を円に与えるためには、元の正方形の辺よりも大きな直径が必要となりますが、正方形の一辺と円の直径が同じ長さなので、結果的に情報量が少なくなった、というのがこちらのツイート。





普段から不満を募らせているのか、ピリリと辛口な内容をつぶやく人も。





また、さまざまなツイートが投稿されています。







しかし、この変更を逆手にとってポジティブに活かすことができているケースも。





しかし、最も恩恵を受けてしまったと言えそうなのは、「星のカービィ25周年」の公式Twitterアカウントとなっているのでした。