パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている魚住加奈さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。加奈さんは、肩までの黒髪を緩めのウェーブにし、大きなドット柄のシャツに、茶色のガウチョパンツを合わせていました。ベースメイクは透明感のある薄づきのファンデに、目元を強調したアイラインが印象的でした。薄いピンク色のネイルに紺色のフレンチネイル、チープカシオと呼ばれるカシオのデジタル式腕時計、白のジャックパーセルを合わせていました。

「実家を出たら、三田線の沿線に住むのが夢なんですよ」

加奈さんは、「プ女子」と呼ばれるプロレス観戦が趣味の女性。プロレスが好きな人の間では「聖地」と呼ばれている後楽園ホールがある水道橋駅へ一本出られるので、三田線に住みたいそう。

「働いた分は遠征費やグッズ代に使っています。意外とプロレスって“沼”なんですよ」

彼女が言う“沼”とは、趣味にハマってしまう状態のこと。一般的には、男性アイドルや、アニメのファンが有名ですが、プロレスも深い沼だと言います。

加奈さんは中高一貫の女子校出身。学生時代の夢は、女子アナになることだったと言います。

「全く真逆の人生になっちゃいましたね。中高が厳しかったんですよ。学校の近隣をボランティアで掃除したりしなきゃいけなくて、夜に繁華街にいるのを先生に見られたら、反省文を書かされたりするくらい。当時は、特にハマっているものとかなくて、友達に誘われてたまにバンドのライブを見に行くくらい。熱中できるものがなかったんですよ」

実家は、自営業のため両親が家を空けることが多かったそうです。

「母が訪問介護の仕事をしていて、父が介護サービス全般の会社を親族と共同経営しています。規模はそんなに大きな会社ではないのですが、人手が足りなくて父も母もずっと働きっぱなしでしたね」

幼少期から親と離れて過ごしていたため、今も一人で過ごす方が気が楽と言います。

「あまり記憶に残っていないのですが、子供の頃は土曜日も保育所みたいな場所に預けられていて。小学校の高学年で塾に通うようになったのは、自宅で留守番させるより安全だからっていう理由だったみたいです」

勉強は得意な方ではなかったですが、中学受験が盛んな地域だったため、私立の中学へ進学します。

「塾は友達と会えるのが楽しくて通っていたのですが、段々と受験が近づくと殺伐としてきて。私は、中高一貫の女子校を3校受けて、通いやすそうな学校に進学しました」

そのまま、推薦で女子大に進学することもできましたが、他の同級生が進学しない大学を選びました。

「大学は、さすがに共学の大学に進学したいと思って。母校とは校風が違う大学に進学しました」

大学で、学生プロレスとの運命の出会い……

それまでの女子校での学生生活とは一転し、活気に満ちた大学生活を送ります。

「たまたま学祭で、学生がプロレスをする“学プロ”って呼ばれる団体の試合を観たんですよ。それで興味をもって。当時、つきあっていた彼氏がプロレスが好きで、部屋に行くとレスラーと撮った写真とか飾ってあったんです。それも影響しましたね」

学祭で観た学生プロレスが忘れられず、興味を持ち始めます。

「とにかく新鮮だったんです。女子校育ちで、周りにあまり男性がいない環境だったし。プロレスっていう男くさい文化がすごくかっこよく見えたっていうか。プロレスが好きな人って、洗脳好きで人に勧めたがるんですよ。それで、彼氏がDVDとかも貸してくれて。実際に観に行くようになっていきました」

学生時代は、つねにプロレス優先の生活でした。

「プロレス好きの彼氏とは別れちゃったんですが、学プロの手伝いを始めたので、常にプロレスは身近にありましたね」

元々、マスコミの仕事がしたいために他大学を受験した加奈さん。しかし、留年の危機があったため、就活を行なわず卒業してしまいます。

「なんか気づいたら、すっかり女子アナとかマスコミ関係の仕事がしたいとか忘れてしまっていて。きちんとした就職を決めないまま、大学を卒業してしまいました」

大学卒業後は、定職には就かずにフリーターをしていたそうです。

「早く結婚するのが夢だったので、その時つきあっていた社会人の彼氏と結婚がしたかったんです。それで、結婚までのつなぎみたいな形で、ガールズバーみたいなところでバイトしたり、昼間はタウン誌を作っている編集部で雑用みたいな仕事したり。プラプラしていました」

後楽園ホールには行きなれているので、駅の何口から出てどの通りを歩けば、混まずに行けるかを把握している。

試合の開始時間に間に合わないために仕事を退職!? 彼氏と別れたのがきっかけでプロレス沼にどハマり……。その2に続きます。