新年度からはや2カ月以上が過ぎました。職場に慣れてきて、かっこいい男子社員に目がいきがちな人もいるかと思います。今回は、職場で気になる男子ができた場合、女子としてどうするのがベターなのか、見ていこうと思います。

1.周りからの目に負けないようにしよう



職場恋愛では、いやでも嫉妬されてしまうもの。「この子とこの子がつきあっている」というのがまわりにわかってしまうと、嫉妬されたり、噂をされたりすることがあります。

しかし、嫉妬されようと嫌われようとわが道を歩く、と腹をくくって、職場恋愛を謳歌する割り切り力も大事です!

この方法のコツは?
嫉妬や噂されることを前提とし、「それでもかまわない」と思えるのであれば、どんどん職場恋愛をすればいいのです!

それでは職場の倫理が崩壊するのでは? と思う人もいるかもしれません。でも、職場の倫理なんて、誰が決めるかによるのです。だから職場恋愛OKと、公然と言っている会社があるのです。
あなたの「嫌われる勇気」ひとつで、職場恋愛を楽しめます。

2.男子は一生懸命仕事をしている女子に魅かれる



ちゃらんぽらんに仕事をしている男子は別として、ごくふつうにまじめに仕事をしている男子はたいてい、女子の一生懸命仕事をしている姿を見て好きになります。

女子らしいきめ細やかさとか、気配りってありますよね? 一生懸命女子が仕事をしていたら、自然とそういうのが出てきて、それを見て好きになるわけです。

この方法のコツは?
なので、職場に気になる男子がいるのであれば、まずは一生懸命仕事をするべきなのです。何かを一生懸命に努力している人って、男女問わず魅力的に見えるもの。

ふつうに一生懸命仕事をしていたら、「いい男」があなたのことを好きになりますよ。

3.ふたりきりになれるタイミングを「あなたが」見つけよう!



職場に気になる男子がいて、その人とつきあいたいのであれば、女子自ら、彼とふたりきりになれる場とタイミングを探して、そこで彼に自分の気持ちを素直に言うべきです。

この方法のコツは?
職場恋愛におけるふたりの関係のむずかしさって、ここにあります。男子は「怖くて」自分から告白できないのです。「100%いける」という、なんらかの確信を得ない限り、まともな男子は自分から女子のことを口説きにかかれません。

だから多くの場合、職場のふたりが結ばれるまでに時間がかかるのです。会社の飲み会を5回くらいやって、なんとなくお酒の勢いで「そういう関係」だとお互いに悟って、その3カ月後に、偶然彼とふたりきりで飲みに行くタイミングがあって、その席でやっと恋人関係になった、とか。これで十分、半年1年たっています。

男子は恐怖心を抱いているので、女子から「正解」を教えてあげてください。「わたしはあなたとつきあいたいです」とか、「オフィスであなたとよく目が合うのは、あなたに気があるからですが、それはつきあいたいという意思表示ではありません」とか。


いかがでしょうか。
他人の嫉妬と、彼の恐怖心を理解していれば、職場恋愛なんて朝飯前で楽しむことができます。さあ、やってみよう! とは言いませんが、気になる彼が職場にいる人は慎重にやってみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)