下北沢にできた"オルタナコンビニ"の正体

写真拡大

創業40周年を超え、マニアックな音楽好きから愛されるレコード会社が、下北沢にコンビニをオープンした。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3強がシェアを占める市場に、畑違いの業種からどう挑むのか? 

老舗レコード・レーベルが、コンビニ業界に参入した。場所は東京・下北沢。サブカルチャーの街にできた新しいコンビニの名前は、「nu-STAND」という。

5月9日にオープンしたこの店を経営するのは、創業40周年を超えるレコード会社「Pヴァイン」だ。Pヴァイン・レコードは、ブルースやヒップホップ、ファンクなどを中心に「オルタナティブ・ミュージック」と呼ばれる音楽を手がけ、日本におけるインディーズ・シーンの草分け的存在として音楽好きの間で知られている。

■寡占状態の市場に乗り込んだ理由

コンビニ業界は今、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社が市場を占め、当面この状況に変化はなさそうだ。なぜそんな業種に、レコード会社が参入したのだろうか? Pヴァイン・レコード代表取締役社長で、現在「nu-STAND」の店頭に立つ水谷聡男氏はこう語る。

「2016年の12月で、会社が40周年を迎えたんです。そのタイミングで、音楽以外の新しい事業をやりたいと考えていました。Pヴァインの強みを生かして、ライブのできるカフェや飲み屋というのも考えたのですが、それではお客さんがこれまでとあまり変わらない。悩んだ結果、もっと日常に近い存在で、Pヴァインのモットーである『THE CHANGING SAME(変わりゆく変わらないもの)』を表現できるのは、コンビニなのではないか、と」

参考にしたのは、レコード・レーベルらしくニューヨークの食料雑貨店だという。

「『グローサリー&デリ』と呼ばれる、食料品と雑貨、お店のお兄ちゃんがつくった調理済みの食品が置いてある店を見て、『これだ!』と思いました。ですが、『グローサリー』という言葉はまだ日本ではあまり浸透していません。これを打ち出した場合、音楽やファッションが好きな人には届いても、街中を歩いている近所のおばあちゃんやおじさんには届きづらくなる。そういう理由で、カタカナの『コンビニ』を名乗っています」

16年4月に新規事業部が立ち上がり、そこから半年かけて親会社のスペースシャワーネットワークに中長期事業計画を提出。10月から具体的な店舗作りに入っていった。だが、音楽とはまったく畑違いの領域で、当初は苦戦を強いられる。

「どこから物を仕入れればいいかもわからず、ネットを検索して出てきた卸業者さんに1カ所ずつ当たっていきました。だけど業者さんたちはPヴァインなんか当然知らないし、まして店舗もまだできていない状態では門前払いが当たり前。一緒にnu-STANDをやっている社員も僕も営業出身なので、少しずつ交渉で突破していきました。レコード会社としては知らなくても、40年間営業してきた会社という点で信用をいただいて、最終的には契約を結べました」

■本業と相通じる「オルタナ・カルチャー」という感覚

店内の棚には、苦労して仕入れた数々の商品が陳列されている。普通のコンビニで売っているような日用品や食料品、飲料に加えて、特徴的なのは惣菜コーナーだ。カット野菜をセルフで組み合わせる形式のサラダバーのほか、「手作りメンチカツ」や「鯖の塩麹漬け(おろしのせ)」、「三色ナムルのひき肉あえ」といった店内調理の惣菜が並ぶ。店内のイートインスペースで食べることも、お弁当にしてテイクアウトすることも可能だ。

「手作りのため、どうしても大手のコンビニさんより価格は高くなってしまいます。ただ、店内調理にこだわりたかった。昔に比べればはるかにおいしくなっていますが、やっぱり『今日の昼飯、コンビニだった』と言ったときに、あんまりいいイメージはないですよね。店内調理によって、別の選択肢を示せたらいいな、と思ったんです」

この「別の選択肢」という考え方は、Pヴァインが手がけてきた「オルタナティブ・ミュージック」というジャンルに通じている。

「かっこよく言えば、時代の流れを柔軟に取り入れつつ、決してはやりに乗るわけではなく本物を追求する姿勢が、Pヴァインの持つ『オルタナティブ・カルチャー』だと思っています。nu-STANDも同様に、今あるコンビニに対して新しい選択肢になりたいと考えています。大手のコンビニは流通業ですから、工場からいかに効率よく商品を流して売っていくかに主眼が置かれている。そこで戦うのではなく、店内調理の食料品、ロゴや店内の雰囲気、かかっている音楽などで別の感性を入れていきたいと思っています」

下北沢は、Pヴァインの創業の地でもある。ここからスタートさせたコンビニ事業を、どこまで大きく育てるつもりなのか。

「大手コンビニの平均日販(1日の売り上げ)は、セブンイレブンが70万円、ファミリーマート、ローソンでそれぞれ50万円強くらい。僕らは最初からそこに到達しようとはしていないですが、それがいかにすごい数字なのか、身にしみて感じています。それと、nu-STANDを作る過程でやっぱり自分たちの感性に酔って『かっこいいね』と盛り上がっていた部分があったんですが、開店して、そんなことは世間の人には一切関係ないと気付かされました。むしろそれが邪魔になって、入りづらくしてしまっている部分がある。コンビニに入るときって、何も考えないですよね。その違いが、日販の差なんだと思います。

でもやっぱり少しでも近づきたいし、1店舗出して終わりではなく、きちんと会社のひとつの柱にしていきたいと考えています。あまり大きなことは言えないですが、ひとまずは10店舗くらいの小さなチェーン展開をできたらいいですね」

今後は、日本各地の名産品やクラフトビールなど、大きな流通には乗らない“地元”のものの扱いを増やしていきたいと考えているという。

「今のコンビニはプライベート・ブランド商品が増えて、どこのお店に入っても似たような棚になってしまっているのが、ちょっとつまらないと思うんです。nu-STANDでは、スタンダードな商品を置きながら、オルタナティブな、埋もれているものを見つけてきて紹介したい。それはレコード会社としてPヴァインがやっているのと同じことなので。ただ、これもなかなか流通ルートの開拓が難しいので、現在ホームページ上で募集中です。会社の朝礼でも、地方出身者に『地元のものを紹介してくれ』と伝えています(笑)。コンビニのイメージとは真逆の、DIYな手法でやれることをやっていきたいと思います」

----------

■nu-STAND 下北沢店
〒155-0033 東京都世田谷区代田6-7-24 ルミナス24 1F-A、1F-C
営業時間:7:00〜23:00
http://nu-stand.jp/

----------

(松井 哲郎)