この靴、2億円!マライヤ・キャリーの元夫、異常な靴コレクションを披露

写真拡大

 アメリカのタレントでマライア・キャリーの元夫のニック・キャノンが、チャリティーのため、お宝である“ダイヤモンド・シューズ”をオークションにかける予定だそうだ。

 今回オークションにかけることにした靴は、200万ドル(約2億2000万円)相当のダイヤモンドがちりばめられた、有名デザイナーのトム・フォードにカスタムメイドしてもらったローファーで、1年半かけて制作された。ニックは全収益を寄付することに決めているものの、どの慈善団体に贈るかはまだ決まっていない。
 米TV番組『アメリカズ・ゴット・タレント』で審査員を務めたことのあるニックは、「もし『アメリカズ・ゴット・タレント』で優勝したら、100万ドル(約1億1000万円)もらえるんだ。だから俺は片足それぞれ100万ドルの靴が欲しいって思ったわけさ。作るのに1年半かかったよ。長いこと計画してたんだ。この靴を売って、全収益を寄付するのが目的さ」と米コンプレックス誌のビデオシリーズ『コンプレックス・クローゼット』で話していた。

 さらに、ローファーの他にも、ニックは同シリーズで、グッチ・エア・マックスや限定版ゴヤール/BAPE/ジョーダン1のカスタムメイドの靴などを紹介している(下の動画)。

 さらに、ニックは自身がエアジョーダンとコラボし作ったスニーカーも将来的に限定数購入可能であることをほのめかしたが、オークションにかけるのか、同ブランドと新たなシリーズを作るのかは未定だ。

⇒【Twitter】はコチラ https://twitter.com/ComplexMusic/status/874277203906899968
 マライアと離婚する際、金銭をめぐり裁判が泥沼化したとも言われていたニック。こんな大量の高級靴を持っているのを見る限りお金に困っていたようには思えないが…。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>