ポルトゥゲーザと契約解除したレアンドロ・ドミンゲス【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジルのポルトゥゲーザが15日、チームに所属する33歳のブラジル人MFレアンドロ・ドミンゲスとの契約を双方合意のもとで契約解除したと発表した。

 クラブのオフィシャルサイトによると、2週間前に日本のクラブからオファーが届いていたという。外国からオファーが届いた場合は交渉を行うことが出来る条件がポルトゥゲーザとの契約時に含まれていたようだが、ドミンゲスはこれを拒否。チームに残留する意思を見せていた。

 しかし、9日のビラ・ノバ戦で一部のファンがロッカールームに侵入しようとする事件が発生し、これが原因で考えを一変。ドミンゲスがチームを退団することを決断したという。

 レアンドロは過去に、柏レイソルや名古屋グランパスなどのJクラブでプレーしていた。2011年にはJリーグ最優秀選手賞とJリーグベストイレブンに選ばれている。再び届いたオファーを検討し、Jリーグに復帰する可能性があるかもしれない。

text by 編集部