市場調査会社のMM総研が6月15日、2017年3月末時点の国内MVNO市場実績を発表しました。独立系MVNO事業者の回線契約数は、810万回線で、前年比50.2%増と伸びています。契約数シェアは、携帯電話(3G、LTE)契約数の5.0%となりました。

独立系MVNO契約数は810万回線、前年から270万回線の増加

独立系のMVNO事業者が独自の料金プランで提供する、独自サービス型SIM(以下、独立系MVNO)の2017年3月末で時点での回線契約数は810万回線でした。
 

 
2016年3月末時点の539.4万回線から、1年間で回線数が約270万回線、前年比50.2%増と大きく伸びています。

携帯契約数シェアは5%、認知の高まりや店舗増加が寄与

2017年3月末時点での、携帯電話(3GおよびLTE)の契約数は1億6,273万回線であり、独立系MVNOの回線契約数シェアは5.0%でした。2016年3月末の3.4%から、1.6ポイント増加しています。
 

 
シェアの伸びについてMM総研は、「認知度およびサービス内容に対する理解度の高まり」「購入可能な実店舗の増加」「SIMフリー端末の増加」などの要因を挙げています。

シェア1位はNTTコミュニケーションズ、個人別ではインターネットイニシアティブ

独立系MVNOの事業者別シェア1位は、NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONEなど)でした。
 
以下、2位がインターネットイニシアティブ(IIJmio SIM・BIC SIMなど)、3位が楽天(楽天モバイル)、4位がケイ・オプティコム(mineo)、5位がプラスワン・マーケティング(FREETEL SIMなど)、6位がビッグローブ(BIGLOBE SIMなど)、7位がUQコミュニケーションズ(UQ mobile)となりました。
 


 

6位のビッグローブは、YouTubeやAbema TV、Apple Music、radico.jpなどのデータ通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」が支持されています。
 
なお、個人向けサービスに限定すると、インターネットイニシアティブが2016年9月に引き続きシェアトップとなりました。

2019年3月末にはMVNOのシェアが約1割に

MM総研は、今後の独立系MVNOの契約数について、2018年3月末で1,170万回線(前年比44.4%の伸び)、2019年3月末で1,570万回線(前年比34.2%の伸び)に達すると予測しています。
 

 
これは、携帯電話総契約数が2017年3月末と同水準と仮定すれば、2019年3月末時点で独立系MVNOのシェアがおよそ1割に達することを意味します。

 
Source:MM総研
(hato)