13日、光大金融租賃股フン有限公司と中国商用飛機有限責任公司が北京で、国産大型旅客機「C919」の購入枠組合意に調印した。これにより、C919を注文した国内外の顧客企業は24社になり、受注数は600機に達した。写真はC919。

写真拡大

6月13日、光大金融租賃股フン有限公司(フンはにんべんに分)と中国商用飛機有限責任公司が北京で、国産大型旅客機「C919」の購入枠組合意に調印した。これにより、C919を注文した国内外の顧客企業は24社になり、受注数は600機に達した。

商用飛機の田民・総会計士は、「大型旅客機C919は開発後、国内外の機関や顧客の信頼と支持を得ることができた。中国商用飛機は『安全第一、顧客中心』を堅持し、顧客のニーズを正確に理解し、顧客のニーズにタイミングよく応え、国際運航規程に基づいて航空機の開発を行い、顧客と乗客に安全性が高く、信頼できる製品とサービスを提供するよう努力し、顧客のために価値を生み出すべく努力していく」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)