【詳細】他の写真はこちら

アンプやエフェクター等を使わず、本体のみでリバーブなどのエフェクトをギターの生音に付け加えられるヤマハの『トランスアコースティックギター』。その新製品となる『LL-TA BS』、『LS-TA VT/BS』が登場しました。価格は15万円(税抜)となっています。

『トランスアコースティックギター』は、ヤマハ独自の技術「TransAcoustic」を備えた新しいアコースティックギター。アンプなどを通さずに、ギター本体の振動でエフェクト音を発することができます。エフェクトは重層的な音を出せる「コーラス」と、残響音がかかる「リバーブ」の2種類を搭載。演奏する曲に合わせて音色を作れるのが魅力です。

2016年11月に『トランスアコースティックギター』の第一弾として『LL-TA VT』が発売されていましたが、今回の『LL-TA BS』『LS-TA VT/ BS』はその追加ラインアップとなります。『LL-TA BS(ブラウンサンバースト)』は『LL-TA VT』のカラーバリエーションモデル。『LS-TA VT/BS』はボディの形が異なるモデルです。「LL」のボディシェイプはジャンボタイプ、「LS」は小型のフォークタイプとなっています。今回の発売により、『トランスアコースティックギター』は2ボディシェイプ、2色ずつの計4モデルの展開となりました。

文/編集部

関連サイト



ヤマハ『トランスアコースティックギター』製品情報ページ