中国では愛国心を示すために「国産の製品を購入すべき」という主張を見かけることがある。実際に愛国主義を掲げたスローガンは街中においても掲げられている。しかし、現実は中国製品を購入することで愛国心を示すというのは口で言うほど簡単なことではないようで、中国では日系車をはじめ、多くの合弁車が路上を走っている。(イメージ写真提供:(C)赵 建康/123RF)

写真拡大

 中国では愛国心を示すために「国産の製品を購入すべき」という主張を見かけることがある。実際に愛国主義を掲げたスローガンは街中においても掲げられている。しかし、現実は中国製品を購入することで愛国心を示すというのは口で言うほど簡単なことではないようで、中国では日系車をはじめ、多くの合弁車が路上を走っている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国では「国産支持」のスローガンが長年にわたって叫ばれ続けているが、目立った効果はあげられていないと指摘する一方、「日本では国産支持など叫ばれていないにもかかわらず、日本車ばかりが走っている」と紹介する記事を掲載し、中国との違いを考察している。

 記事はまず、日本国内で販売される車の大半が日本の自動車メーカーの車であることを指摘し、「中国人に比べ、日本人の団結力はやはり強い」と指摘。自動車産業のレベルが中国の自動車産業をはるかに上回っているうえに、国民の団結力という点でも中国を上回っていると主張し、日本人が日本車を購入するのはあくまでも「国産支持」の考えに基づいたものだと主張した。

 続けて、日本国内のコインパーキングを訪れてみれば「停まっている車のほとんどが日本車であることに気づくはずだ」と主張。日本の自動車産業が世界最高峰の水準にあるのは「国の支援」の他に「国民の支持」があることは明らかだとし、国民が支持し、積極的に日本車を選ぶからこそ、日本車は安定した売り上げを確保できるという見方を示した。

 その反面、中国の路上では多くの外国メーカーの車が走っていることについて「悲しい現実である」と主張しているが、車に限らず、中国人が中国製品を支持しないのはあくまでも品質が良くないからではないだろうか。国産品を購入することで愛国主義を示すよう国民を動かしたいならば、国民に信頼される商品を提供していくことが求められるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)赵 建康/123RF)