X-SMC02(W)

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社は、Bluetooth対応の一体型CDミニコンポ「X-SMC02(W)」(ホワイト)と、「X-SMC02(B)」(ブラック)を6月下旬に発売すると発表した。同製品は、狭いスペースにも置きやすい薄型デザインと、部屋のコーナーにもフィットする背面形状を採用したCDミニコンポ。スピーカーを外側に向けて配置しているため、一体型でありながら音の広がりを感じられる。本体は上向きに傾斜しているので、耳より低い高さに設置しても音がクリアに聴こえる。

スマートフォンからミニコンポの電源をオンできるBluetoothスタンバイに対応しているほか、一度ペアリングすれば二度目以降は自動的に接続できるBluetoothオートコネクトにも対応している。

CD、USBメモリ、FM/AMラジオなどに対応しており、AMラジオを高音質で楽しめる「ワイドFM」にも対応している。給電機能つきのUSB端子を搭載しており、ミニコンポの電源がスタンバイの時でもUSB機器に給電できる。CDプレーヤー部には電動スライドドアを採用している。

サイズは451(幅)×215(高さ)×132(奥行)mm、重量は3.0kg。オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社
価格:オープン
URL:http://jp.pioneer-audiovisual.com/audio_sys/stylish_sys/x-smc02/
2017/06/16
▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売