男女の友情って無いの?!男友達からの告白の上手な断り方4選

写真拡大



男女の友情ってアリ?ナシ?意見が分かれる話題です。「わたしは普通の友達だと思っていたのに、まさかの男友達から告白された!」なんて経験がある人もいますよね。今回は、ノーマークだった男友達から告白されたときの、上手な断り方をご紹介します。

■1.「好きになってくれてありがとう」の気持ちを伝えよう

「仲良かった女友達に告白したとき、結局断られたんだけど、『気持ちを伝えてくれてありがとう。伝えるのに勇気が必要だったよね』と言ってくれていい子だなと思った」(21歳/男性/専門学校生)

友達として仲が良かった彼は、「告白をしたら関係が壊れてしまうかも」という不安から、気持ちを伝えるか迷ったはずです。まずはそんな彼の勇気ある行動を褒めましょう。また、「自分を好きになってくれてありがとう」という感謝の気持ちを持ちましょう。そうすれば、彼も断られてもイヤな気持ちにならず、あなたに対して悪い印象も持たないはずです。

■2.「大切な友達として好きだ」ということを伝えよう

「告白してダメだった時に友達としての関係も終わるんじゃないかって心配してたけど、『友達としては大好き』と言われて今まで通り仲間内では仲良くできるんだとホッとした」(20歳/男性/大学生)

彼氏として付き合うのはNGだけど、友達としてはOKな男子とは変わらずに仲良くしたいですよね。その気持ちを彼にも伝えましょう。大切な友達だから無くしたくないと伝えれば、「自分の人間性を好きになってくれている」と、彼自身に伝わります。

■3.彼のプライドを傷つけないように周囲にはヒミツにしよう

「告白したら『全然好きじゃなかったから無理です』って言われてすごくショックだった。告白して断るにしても言い方とかあると思う...。おまけに共通の友人に俺が告白したって知れ渡っていて、こんな子なら付き合わなくて正解だったかもって失望した。」(18歳/男性/接客業)

「全然好きじゃなかった」など彼のプライドを傷つけるようなことを言うのは絶対NG。彼のことを傷つけないように、共通の友達に告白されたことが知れ渡ってしまっても気まずくならないようになど、彼と自分以外の人のことも考えて対応するのがベストです。

■4.ちょっと好きかも?迷ったら1日考えて

「前から良いなと思ってた男友達に告白されたけど、ちょっと迷っていて返事をその場でしませんでした。ほかの友達に相談したりゆっくり考えて返事をしたので後悔することがなかった!」(24歳/事務職/女性)

告白された直後は焦ってしまうので少しでもまよったら、一日ゆっくり考えましょう。よく考えて出した結果なら、彼も納得してくれるかもしれません。

■おわりに

友達からの意外な告白には、自分の気持ちを伝えながらも彼のプライドを傷つけないようにすることが大切です。彼が気まずくならないように配慮した、オトナな対応をしましょう。(廣松叶子/ライター)

(ハウコレ編集部)