篠田麻里子、大胆な演技を披露 (C)2017「ビジランテ」製作委員会

写真拡大

 女優の篠田麻里子が、入江悠監督の最新作「ビジランテ」に出演していることがわかった。自身の美ぼうで男たちを翻ろうし、夫を子どものように操ることで権力と財産を得ようとする危険な“美人妻”に扮し、新境地ともいえる大胆な演技を披露している。

 「SR サイタマノラッパー」シリーズで知られる入江監督が、地元の埼玉・深谷を舞台に紡ぐオリジナル作品。高校時代に失踪した長男・一郎(大森南朋)、印刷会社社長で町の自警団団長でもある二男・二郎(鈴木浩介)、デリヘル業経営の三男・三郎(桐谷健太)というアウトロー三兄弟が、憎む父親の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を鋭く、そして深くえぐる。

 そのなかで篠田が演じるのは、二郎の妻であり、良妻賢母の表の顔と狡猾な裏の顔を使い分ける新藤美希だ。入江組には初参加で、「台本を読ませて頂いた時、とても強い衝撃を受け、入江監督の世界観に引き込まれてしまいました。私にとっても新しい挑戦をさせて頂いた映画になります」と述べ、「監督の世界観をキャスト、スタッフの皆さん全力で表現した作品になりますので、公開をとても楽しみにしています」と期待している。

 さらに場面写真も初披露され、妖艶な雰囲気をまといながら二郎にからみつく美希の姿などを切り取っている。入江監督は「『ビジランテ』における篠田麻里子さんの役は、生き馬の目を抜く地方都市の政治性のなかを、ありとあらゆる手練手管を使ってサバイブする女性です」と説明し、「真冬の私の地元で、強く繊細に演じていただきました。執拗な演出にも粘り強く食いつき、じっと耐えるような姿が印象的でした。まったく新しい篠田麻里子さんが本作で見られるはずです。ぜひご期待ください」と呼びかけている。

 「ビジランテ」は2017年1月に撮影が行われ、7月に完成予定。12月9日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。