主演のブルース・ウィリス
 - Kevin Winter / Getty Images

写真拡大

 ホラー映画の鬼才イーライ・ロス監督が『狼よさらば』(1974)をリメイクした新作『デス・ウィッシュ(原題) / Death Wish』の米公開日が、11月22日に決定したとDeadlineほか複数のメディアが報じた。

 同作はパラマウントとMGMが共同製作した作品で、配給を行うアンナプルナ・ピクチャーズが公開日を明かしたという。主演はブルース・ウィリス。映画『フルメタル・ジャケット』やテレビシリーズ「LAW & ORDER クリミナル・インテント」の演技派ヴィンセント・ドノフリオ、映画『ベスト・キッド』のエリザベス・シューなどが共演している。

 オリジナル映画はチャールズ・ブロンソン主演のカルト的人気を誇る作品で、強盗に妻を殺され、娘を暴行された平凡な男が、銃を手に復讐(ふくしゅう)を計画するというストーリーだ。

 米公開日11月22日は、アメリカでは感謝祭というホリデーシーズンを迎える前日にあたり、同作はホリデーシーズン作品として興行面でもジャンプスタートを図るようだ。同じ感謝祭公開作品には、ディズニー・ピクサー作品『ココ(原題) / Coco』があり、対抗馬として本作と興行を争うことになる。さらに、その1週間前にはワーナー・ブラザースの大作『ジャスティス・リーグ』が公開されるため、興行面での熾烈(しれつ)な争いになりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)