思いがジワジワ募る!男性がふと思い出す“記憶に残る女性”になる4つの方法

写真拡大

【相談者:10代女性】

最近好きな人ができました。
久しぶりの片思いなので、嫌でも毎日彼のことばかり考えてしまいます。
ふとした瞬間に「彼は今何しているんだろう」とか思っちゃうんですよね。

私も彼からそんな風に思い出してもらえる女になりたいです。
どうすれば彼の記憶に残る女性になれるでしょうか。

●繰り返し思い出してもらうことで自分の存在が大きなものになるのです。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

日常の中でふと好きな人や昔の恋人のことを思い出す瞬間ってありませんか?
たとえば、元カレとの思い出の場所を通ったときに「元気にしているかな?」と懐かしく思ったり、恋愛映画を見たあとで急に好きな人に会いたくなったり……。

このようにふと誰かを思い出してしまうのは、無意識のうちに相手の存在が強く記憶に残っている証でもあります。

とはいえ、日常の中でふと思い出すのは、何も好きな人や昔の恋人だけではありません。
特に意識していない相手であれ、きっかけさえあればふと思い出し、そこから強く意識し始めることもあるのです。

そこで今回は20〜30代男性の方々からお話を伺ってきました。
その話に基づき、男性が日常でふと思い出す“記憶に残る女性”になる方法をご紹介いたします。

●(1)髪や香水の匂いで印象づける

『合コンや飲み会で隣に座った子からイイ匂いがすると、帰ってからも思い出すことが多いかな。先に匂いをふと思い出して、そのあとにその子の顔が浮かぶんだよね』(23歳/フリーター)

匂いは人の記憶に残りやすいと言われます。
実際、食べ物や香水などの匂いを嗅ぐことにより、その匂いに関連する過去の記憶がよみがえる こともあります。
それほど、匂いと記憶は強くつながっている部分でもあるのです。

男性の記憶に残る女性になるためには、まず匂いで自分を印象づけるようにしましょう。
たとえば、シャンプーや香水は他の女性とかぶらない物を使用する。
すると、匂いと一緒に自分の存在が男性の記憶に強く残ります。

その記憶に残る匂いを思い出すたびに、自然とあなたの顔を思い浮かべるようになるでしょう。

●(2)趣味や好みの話題を積極的に出す

『前に行った合コンでとにかく大型犬への愛を語る女の子がいて。「小型犬よりも大型犬が好き」と熱く語っていたのが印象的で、その後も街で散歩中の大型犬を見るとふと彼女を思い出してしまいます』(30歳/営業)

何かひとつの出来事を思い出すと、それに関連する思い出が次々とよみがえることもあります。
気になる男性からふと思い出してもらうためには、このように自分へと関連づくきっかけを彼に知ってもらうことも大切なのです。
そこで、彼との会話では自分の趣味や好みの話題を積極的に出すようにしましょう。

「美味しいラーメン屋巡りが好き」とラーメン愛について語れば、彼がラーメンを食べるたびにあなたを思い出し、「今度このお店教えてあげよう」と考えるかもしれません。また、「週末はよく○○駅付近にいる」という情報を伝えると、その場所に行くたびに彼があなたの姿を無意識に探し始める でしょう。

趣味や好みを始めとした話題は、関連づけて自分を思い出してもらうきっかけをつくるのです。

●(3)LINEよりも電話で直接話す

『最近ってみんなLINEばかりだから、女の子から突然電話がかかってくるとかなり驚く。でも、嬉しい。やっぱり直接声を聞いた方が余韻に浸れるし、次の日もつい電話でのやりとりを思い出しちゃいます』(32歳/自動車整備工)

メールやLINEが主な連絡手段となりつつある昨今。
しかし、多くの人がそれを当たり前に感じているからこそ、電話を使ったアプローチが効果的となる場合もあるのです。