荻村杯女子複1回戦、調整不足露呈、石川「ダブルスは練習あるのみ」、浜本は涙

 卓球の「ジャパンオープン荻村杯」は2日目の15日、女子ダブルス1回戦で石川佳純(全農)、浜本由惟組(日本生命)がサマラ、セーチ組(ルーマニア)に0-3のストレートで敗退した。

 初ペアで挑んだが、コンビネーションが合わず、調整不足を露呈。浜本は涙に暮れた。石川は「お互いに時間がなく、練習は1回しかできなかった。初めてのペアでどうすればいいかわからず、迷ったままプレーしていた。私自身もミスが出たし、浜本さんが打ちやすいサーブを打てなかった」と敗因を受け止めた。

 それでも、今後に向け、石川は「ダブルスは練習あるのみ。まだ組み始めて1回目なので、すっかり練習してまた準備していきたい」と前を向いた。