「単純接触効果」という言葉を聞いたことはありますか? これは何度も顔を合わせている人をいつのまにか好きになってしまうという現象で、心理学では古くから知られているものです。今回は、そんな単純接触効果を恋愛にいかす方法をご提案していきます。

単純接触効果を恋愛にいかす方法って?

1. LINEやメールより、まず直接会う機会を増やす

好きになった人とは、とにかく毎日連絡をとりたくなりますよね。しかし、まだそこまで親しくない人から頻繁に顔の見えないやりとりを求められると、負担に感じてしまいます。まずは直接お話しする機会を増やしたほうが得策です。
同じ職場や学校なら、一瞬あいさつするだけでもいいのです。毎日すれ違うだけでもいいので、顔を合わせることを心がけましょう。だんだんと距離を縮めてから、頻繁に連絡をとり合っても不思議じゃない仲までもっていきましょう。

2. 彼の好きそうな近場でリーズナブルなお店を探す

しょっちゅうお話しする仲になれたら、さりげなく男性の好みの食べ物などを聞き出してみましょう。そしてその好みに合う近場でリーズナブルなお店を探してみましょう。
「近場」で「リーズナブル」な、というのがけっこう重要です。場所的にも経済的にも通いやすいお店であれば、「また行こう」という次の約束につなげやすいです。おしゃれなデートスポット的お店もいいですが、会う機会を増やすには気楽さも大事です。

3. 彼以外の人間関係を充実させる

好きな人ができると、世界は彼一色になってしまうのは当然です。四六時中彼のことを考え、食事もろくにノドを通らず、日々の生活に支障をきたしてしまう……という経験は、恋をしたことのある人ならば誰もがしたことのあるものです。それは決して悪いことではないですが、あなたから心の余裕を奪ってしまう可能性があります。
彼との話題作りのためにも、彼以外の人間関係、たとえば友達との時間も楽しみましょう。「頭の中が彼でいっぱい! 毎日彼のことばかり考えていてしんどい!」という状態よりも、気も楽になれます。心に余裕をもち話題も豊富だと、彼も「また会いたいな」という気分になってくれるかもしれません。

恋愛は楽しいことばかりではないし、片思いはツラいことの方が多いかもしれません。相手の気持ちを常に考えたり、思い通りにいかないことばかりで、気持ちに余裕がなくなってしまうこともありますよね。人との距離を縮める方法のひとつとして「単純接触効果」を覚えておくと、気持ちを楽に保てるかもしれません。