フィリピンの首都マニラにあるマラカニアン宮殿(大統領府)で演説するロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2017年6月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フィリピンロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(72)の報道官は15日、同大統領が疲労困憊(こんぱい)で「元気を回復させる」必要があるため、今週の公務を取りやめたと発表した。フィリピンでは南部のミンダナオ(Mindanao)島でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系武装勢力と国軍との間で戦闘が続いている。

 ドゥテルテ氏は11日から公の場に姿を現しておらず、12日に首都マニラ(Manila)で行われた独立記念日の式典にも出席しなかったため、健康状態を不安視する声が高まっていた。

 エルネスト・アベリャ(Ernesto Abella)大統領報道官は報道陣に対し、ドゥテルテ氏の体調に問題はないと説明した上、「大統領は元気を回復させるため、しばらく休息を取っている」と語った。公務に戻る時期は未定だとしたが、アベリャ報道官は「病気という点では心配することは何もない」と語り、「大統領は健康である」と念を押した。
【翻訳編集】AFPBB News