修復されたばかりの蒋介石像、再び狙われる  男2人を逮捕/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 15日 中央社)14日午後10時30分ごろ、台北市の陽明山で、公園付近に設置されている蒋介石元総統の銅像を男2人が破壊しようとしているのを巡回中の警察官が発見し、2人を現行犯逮捕した。像にはわずかな傷がついたのみだった。同像は4月下旬に首を切断されるなどの被害を受け、先日修復されたばかりだった。

台北市警察局北投分局によれば、男2人は独立派を名乗り、像の修復が不満だとして再度の破壊を試みたという。2人は犯行を認めている。士林地検は15日、取り調べ後に2人を釈放した。

(朱則イ/編集:名切千絵)