『Perfume FES!! 2017』を幕張メッセ国際展示場 9〜11ホールで開催したPerfume (撮影=西槇太一Taichi Nishimaki)

 Perfumeが6月2日・3日、千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11ホールで『Perfume FES!! 2017』を開催した。同公演は、2013年から異色のラインアップを迎えておこなっている、対バンライブ。前夜祭となる2日には電気グルーヴが、“本祭”の3日にはチャットモンチーが出演し、観客を盛り上げた。このうち3日公演は、チャットモンチーがPerfumeの最新シングル「TOKYO GIRL」をカバーしたり、2組でコラボした楽曲を演奏するなど、この日の公演ならではのステージで観客を魅了。シークレットゲストとしてお笑いタレントの渡辺直美も登場し、バラエティに富んだ内容で華やかな夜を演出した。

チャットモンチー

チャットモンチー(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama)

 この日の会場には、黒い『Perfume FES!!』のTシャツを着た男女や小さな子連れの家族など、幅広い年齢層の観客が広大な敷地を所狭しと埋め尽くしていた。青い照明がステージを照らし、ステージの背面のスクリーンに赤と青の猫の目のような映像が映し出され、チャットモンチーの橋本絵莉子(Vo、Gt、Syn)と福岡晃子(Ba、Dr、Cho、Syn)の2人が、ステージ中央で向かい合いながらシンセサイザーを前に登場し、「恋の煙」を演奏。2人の登場に観客からは歓声が上がった。

 橋本が「皆さん、こんばんは。チャットモンチーです。今日はPerfumeの3人、誘ってくれてありがとう」と挨拶すると、観客から再び歓声が上がった。福岡は「今日はメカチャットモンチーという体制でやりたいと思います。最初はポカーンとしてもらって大丈夫です(笑)」と自虐的にいつもとは違うステージになることを紹介。その“メカチャットモンチー”による1曲目は「隣の女」。アンビエントなビートと電子ピアノの音に乗せて橋本が切なげなメロディーで歌った。

 そして会場にオリエントなビートが響き渡り、観客もそれに合わせ手拍子をおこなう。2人はステージから、ステージ前に設置されたランウェイに移動して、それぞれ手にマイクとシンセサイザーを持ってスチャダラパーと共作した“スチャットモンチー”の曲「M4EVER」を演奏。この曲ではコール&レスポンスも決め、会場の一体感が一気に高まった。続いてアコースティックギター、エレキベースをそれぞれ持ち、ランウェイ上に置かれた椅子に座った状態で「いたちごっこ」をぬくもりあるアレンジで演奏。

 さらに2人はPerfumeの「TOKYO GIRL」をカバー。歪んだギターサウンドとドラムというシンプルなサウンドで演奏された同曲は、後にPerfumeのっちが「本当にチャットモンチーの曲みたいだった」と語るほど、彼女たちのスタイルに落とし込まれたものとなっていた。チャットモンチーによるPerfumeのカバーに観客も喝采を送った。

 演奏を終え、福岡は「私たちもPerfumeが好きだということが分かってくれたと思います。彼女たちとは知り合って長いけど、いつもキラキラしてるよね」とPerfumeの印象を語った。橋本は「ステージの外で会うとふわふわしていて可愛いけど、ダンスのキレが凄くて別人みたい」とプロフェッショナルなステージを絶賛。

 最後には、2006年にヒットした3rdシングル「シャングリラ」を演奏。サビでのシンガロングが会場に響き、会場の熱気を最高潮にしてPerfumeへとバトンを繋いだ。

Perfume

渡辺直美(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama)

 会場が暗転し赤い照明が点滅して、サイレンの音が鳴り響くと会場からは歓声が上がった。ステージバックのスクリーンにはSECRET GUESTの文字が映し出され、ステージ中央からせり上がって来る台に乗って表れたのは、お笑いタレント渡辺直美。米歌手のビヨンセに扮し、「クレイジー・イン・ラブ」などの楽曲に合わせ、ダンス芸を披露した。彼女の登場を知らされていなかった観客も拍手喝采を送り、彼女のダンス芸を称賛した。

 再び会場が暗転し、会場内に機械的なビートが鳴り響く。観客の歓声に合わせるようにランウェイの上から照明が雨のように降り注ぎ、Perfumeの3人のシルエットが映し出され、「TOKYO GIRL」で彼女たちのステージは始まった。そのまま「I still love U」を披露。小刻みなビートにシンセの音が重なり、3人はハンドマイクを持ちながら交互にソロパートを歌唱。あ〜ちゃんが歌唱時にウィンクをすると、観客から歓声が起き、会場の熱気が一気にヒートアップした。

 MCではのっち、あ〜ちゃん、かしゆかの3人が自己紹介し、「Perfumeです!」とお決まりのポーズを決めると会場からは歓声が上がった。のっちが「チャットモンチーさんとの対バンの夢が叶いました。お二人はほんわかしていて親しみやすいんですが、音楽に関しては、とてもこだわりがあることを感じているので、こうして共演できることはとても嬉しいです」と喜びを語った。

 かしゆかは「さっき、渡辺直美ちゃんのステージ、袖から観ていたんですけど、皆さん、私たちが来ると思ったでしょ? だまされて名前まで呼んじゃって(笑)」といたずらっぽく笑い、「そして、チャットモンチーさん、『TOKYO GIRL』歌ってくれましたね! えっちゃん(橋本絵莉子)の声が合わさって格好良かったね」と彼女たちのカバーを称賛。のっちも「チャットっぽかったよね? チャットモンチーの曲みたいだった」と賛同した。あ〜ちゃんは「チャットモンチーさんのステージ、全部横で見ていました。最高よね。うちらの青春のすべてなんよ! 分かってくれる? アルバム『告白』(2009年)を擦り切れるほど聞いたんよ」とチャットモンチーに対する思いの丈を熱弁した。

ライブのもよう(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama)

 そして、チャットモンチーの2人が事前にリクエストしたという「Baby cruising Love」を披露。ライブでは久しぶりの披露になるという同曲に観客は歓声を上げ、手拍子で応えた。そのままオリエンタルなリズムが印象的な『宝石の雨』、続く『GAME(GAME ver.)』では米映画『スターウォーズ』のライトセイバーのような棒を使った激しいダンスを見せた。観客は興奮しながら拳を振り上げ、ジャンピングして会場を揺らした。

 最後は「Puppy love」を3人がそれぞれステージからランウェイの端から端まで交互に移動しながら歌唱。観客もリズムに合わせ、手拍子しながら歓声を送った。3人は「ありがとうございましたー」とお礼を述べ、本編を終えた。

 3人の名前を呼ぶ声と、アンコールを求める手拍子に応えて3人が再び登場。そして、チャットモンチーと渡辺直美を呼び込み、本日の出演者がステージに揃った。アンコールでは、チャットモンチーが作曲に参加した「はみがきのうた」を観客の合いの手とともに全員で歌唱。大団円を迎え、この日の公演を終えた。

 なお、最後には今年の秋口にニューシングルをリリースすることと、『Perfume FES!! 2017』の追加公演が9月6日・7日に愛知県体育館で、9月13日・14日に大阪城ホールで開催されることが発表された。
(取材=松尾模糊)

Perfume (撮影=西槇太一Taichi Nishimaki) あ〜ちゃん(撮影=西槇太一Taichi Nishimaki) かしゆか(撮影=河本悠貴Yuki Kawamoto) のっち(撮影=河本悠貴Yuki Kawamoto) チャットモンチー(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama)
渡辺直美(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama) ライブのもよう(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama) ライブのもよう(撮影=上山陽介 Yosuke Kamiyama)

セットリスト

『Perfume FES!! 2017』
2017.06.03@千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11ホール

CHATMONCHY

01.恋の煙
02.隣の女
03.M4EVER
04.いたちごっこ
05.TOKYO GIRL(Perfumeカバー)
06.Majority Blues
07.Magical Fiction
08.こころとあたま〜湯気
09.風吹けば恋
10.シャングリラ

Perfume

01.TOKYO GIRL
02.I still love U
03.FLASH
04.Magic of Love(SXSW ver.)
05.Baby cruising Love
06.宝石の雨
07.GAME(GAME ver.)
08.FAKE IT
09.Miracle Worker
10.Puppy love

Encore

CHATMONCHY×Perfume×渡辺直美

はみがきのうた