15年にロシアで開催された前回大会の開会式(WTF提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は15日、南部の茂朱で24日に開幕する世界テコンドー連盟(WTF)主催の世界テコンドー選手権大会に参加するため、北朝鮮のテコンドー演武団32人が送ってきた訪韓申請書を受け付けたと明らかにした。

 統一部当局者によると、32人は北朝鮮が主導する国際テコンドー連盟(ITF)所属で、「国際大会に関する慣例を検討し、近く承認するかどうかを決める」という。
 韓国当局は3月に北東部の江陵で開かれたアイスホッケー女子の世界選手権4部に相当するディビジョン2Aへの北朝鮮参加を承認しており、今回も承認するとみられる。
 演武団は計36人だが、張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員兼ITF名誉総裁、李勇鮮(リ・ヨンソン)ITF総裁らの32人が北朝鮮籍という。
 承認すれば、演武団は23日に金浦空港に到着し、4回の公演を披露した後、7月1日に出国する。
kimchiboxs@yna.co.kr