張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

荻村杯男子複1回戦、木造勇人とぺアで出場…「世界選手権では勝てたけど…」

 卓球の荻村杯ジャパンオープン(東京体育館)は2日目の15日、男子ダブルス1回戦で日本の張本智和、木造勇人組が香港の何鈞傑、黄鎮廷組に0-3で敗れた。

 0-1でリードを許した第2ゲームを逆転で落とすと、そのまま流れを取り戻せず、ストレートで敗れた。張本は「2ゲームをリードしてから簡単に追いつかれてしまったのが良くなかった」、木造は「台上で攻められて崩された。自分たちはもっと攻めていかないと」と振り返った。

 世界選手権で男子シングルス史上最年少8強の13歳・張本にとっては予選3回戦で敗れたシングルスに続く敗退。今大会は21歳以下の部には出場しておらず、早すぎる終戦となった。「世界選手権では勝てたけど、こういう時もある。切り替えて次の中国オープンでは一つでも多く勝ちたい」と巻き返しを誓った。