米経済誌フォーブスのコラムニスト、ラルフ・ジェニングス氏は、パナマに続いて台湾と断交する可能性のある国として、ニカラグア、パラグアイ、セントルシアの3カ国を挙げている。写真は台湾総統府。

写真拡大

2017年6月14日、米華字メディアの多維新聞によると、米経済誌フォーブスのコラムニスト、ラルフ・ジェニングス氏は、パナマに続いて台湾と断交する可能性のある国として、ニカラグア、パラグアイ、セントルシアの3カ国を挙げている。

中米のパナマは13日、中国と国交を樹立し、台湾と断交した。

ニカラグアは、ダニエル・オルテガ大統領が1985年に台湾との国交を断絶したという歴史があり、「2度目」に対する憶測も出ている。中国が、自らが主導する巨大経済圏構想『一帯一路』の発展のために、開発が頓挫している中国系企業によるニカラグア運河プロジェクトの復興に取り組めば、ニカラグア側の注意を引き付けることになるだろう。

パラグアイと台湾の外交関係は今年60周年を迎え、その間一度も断絶したことはない。であるがゆえにスペインの王立エルカノ協会は「パラグアイは北京の主要な目標だ」と指摘する。パラグアイの台湾に対する外交態度の転換は、南米全体に影響を与えることになるためだ。

カリブ海の島国セントルシアと台湾は10年間の国交中断を経て2007年に外交関係を回復した。こうした定まらない歴史的経歴が台湾に対する態度の転換を容易にする。(翻訳・編集/柳川)