大会4連覇へ挑む申ジエ、リラックスした様子で18ホールを回った(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ニチレイレディス 事前情報◇15日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,566ヤード・パー72)>
千葉の名門・袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コースで開催される「ニチレイレディス」。2014年から大会3連覇を果たしている申ジエ(韓国)がプロアマ戦に出場。「リゾートトラストレディス」以来、約3週間ぶりに18ホールをラウンド。アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)に次ぐ史上2人目の同一大会4連覇へ向け、調整に余念はない。
滑り落ちていった勝利…勝みなみが思わず涙
「不安がありましたけど、ティショットも良かったので、ほっとしました」と、ラウンド後は好感触に白い歯をこぼした。今シーズンは関節痛を抱えながらの戦いを続けているジエ。先週は「また痛みが出てきたので」欠場を余儀なくされた。
体への不安に加え、大会4連覇への期待と重圧ものしかかるが、「優勝した時の感じが残っていて、ここにいるだけで幸せな感じがします。このコースは楽というか、自信があります」とコースへの相性はバッチリ。「優勝を目指してというより、焦らないように」、雑念を振り払いプレーに集中できるかが、大記録へのカギを握っている。
また、昨年大会ではジエに3打差で敗れ、アマ2勝目を逃した勝みなみは、「色々勉強させてもらった大会なので、やっぱりリベンジしたい」と闘志を燃やした。今春に高校を卒業し、アマチュアとしての出場は今年で最後となる。悔いの残らない3日間としたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ステップ第9戦が開幕!撮れたてLIVEフォトでニューヒロインをチェック!
ハッピーバースデー!上田桃子、新たな1年に「出来るだけ早く優勝を」
勝みなみ 涙の敗戦!“史上初アマ2勝”ならずも「あの時プロ転向しなくて良かった」
史上2人目の大会4連覇なるか 申ジエは川岸史果、渡邉彩香と同組に
申ジエ、世界1位を明け渡した宮里藍の引退表明に「成績だけでなくマナーも素晴らしかった」