【詳細】他の写真はこちら

持ち運び易さが嬉しいですね。

最近は改正航空法とのからみで、人口密集地でも飛ばせる小型ドローンが人気。そんな中、三栄書房はパイロット視点での飛行が楽しめるドローン『FPV COMPACT DRONE』を6月29日から発売します。価格は9990円で、全国の書店やオンラインストアで販売されます。

迫力のFPV飛行を気軽にトライ







ドローンの中には機体前方に設置されたカメラで動画を撮影し、それを手元のコントローラーやヘッドセットで見ながら操縦できるものがあります。このような機能をFPV(ファースト・パーソン・ビュー)と呼ぶのですが、『FPV COMPACT DRONE』もFPVでの操縦に対応。お手持ちのスマホをコントローラーに装着し、ドローンとWi-Fiで接続すればまるでパイロットになったような視点の映像がスマホに表示される仕組み。別売りのVRゴーグルにも対応しています。

ちなみにドローンの操縦はスマホ単体でも可能。撮影した映像はスマホに記録され、SNSに投稿できます。

ポケットサイズに折りたためます







『FPV COMPACT DRONE』はアームとローターが折りたためるのも特徴。アーム展開時は縦160☓横160☓厚さ27mmの本体が、アーム収納時には縦65☓横65☓厚さ27mmまで小さくなります。これくらい小さければ、ポケットに入れることもできそうですね。セルフィードローンとして持ち運ぶのも悪くないかも。

ドローン本体には気圧計が内蔵されており、飛行高度を維持したままのオートホバリングに対応。ドローンの向きを気にしないで操縦できるヘッドレス機能やスピード切り替え、宙返りアクションなども可能です。搭載するカメラの画素数は30万画素(720☓576ドット)。操作可能距離は最大20メートル。最大7分の飛行が楽しめます。



文/塚本直樹

関連サイト



『FPV COMPACT DRONE』製品情報ページ