防弾少年団からTWICEまで、一線を超えた危険すぎる“アンチファン”…各事務所は厳戒態勢

写真拡大

スターたちが危険だ。人々に顔を見せる仕事だという理由で、アンチ勢力の悪質な行為が耐えがたい一線を超えている。

15日、Apinkが殺害脅迫を受けたというニュースが伝えられ、世間に衝撃を与えた。所属事務所Plan Aエンターテインメント側によると14日午後、ソウル江南(カンナム) 警察署に「Apinkを殺害してやる」という脅迫電話があり、警官が所属事務所に出動。現在、警察は容疑者を捜査中であり、所属事務所はApinkのメンバーに警護を多く配置し、危険な状況に晒されないように努めている。

アイドルが危険な脅迫を受けたのは今回が初めてではない。先日13日、イルべ(日刊ベスト貯蔵所、ユーモア中心のインターネットフォーラム) 会員が、TWICEのミナを殺害するという文を載せ波紋が広がった。この件が大々的に伝わり、この文の作成者は自筆で謝罪文を掲載し、同じ失敗を繰り返さないよう努めると述べた。しかし、ミナの所属事務所であるJYPエンターテインメントは「強硬な対応をする方針だ」と断固とした態度を見せた。

そして今年3月、海外ツアー中だった防弾少年団のジミンも同じような経験をしている。Twitterのユーザーがジミンを殺すと記載、銃の写真と公演配置図の写真なども併せて投稿した。当時の所属事務所Big Hitエンターテインメントは「メンバーの安全を最優先にセキュリティを強化する」とコメントした。

Apink、TWICE、防弾少年団は国内外で多くのファンに愛されているだけに、その衝撃は大きい。3つのグループは、既に虚偽事実の流布や悪質なコメントなどに対して法的措置を取ると警告している。

最近は多くの芸能人がアンチ行為に対して全面的に対応している。それは、たとえ人気とアンチは比例するものと言われても、近年のアンチ行為は事態が深刻だからだ。悪質コメントやデマの内容は、悪意のレベルが高く、芸能人だけでなくその家族にも矢を向けることがあり、それも一度や二度ではない。その上、殺害予告などという脅迫まで、これ以上容認できない状況に至った。芸能界を越えて、社会全般が悪質な行為の根を断絶できるよう、関心と努力を傾けなければならない時である。

・防弾少年団 ジミンへ衝撃的な殺害予告…心配の声に事務所がコメント

・TWICE ミナに殺害予告…JYPがコメント発表「法的に対応する」

・“殺害脅迫”Apink、事件の経緯&対応方針について事務所がコメント(全文)