@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

「クラシック・ワークス」 どんな建物?

「クラシック・ワークス」が位置するのは、ジャガー・ランドローバー(以下、JLR)がオープンしたばかりのSVO専門拠点の近く。

敷地面積は1万3935平方メートル。クラッシックカーを主体とする建造物としては、世界最大の規模である。

この建物にJLRが費やしたコストは、£7,000,000(9億7,795万円)にのぼる。

「クラシック・ワークス」 何をする?

クラッシックカーのビジネスに注力することを発表したのは1年と少し前のこと。ピカピカに仕上げられたライトウエイトE-タイプを覚えているひとは少なくないだろう。

いまは9台のXKSSをあらたに製作しはじめたところだ。

このようにクラシックカーのレストア、メンテナンス、さらには販売が、クラシックカーのメイン業務となる。

今後はどんなモデルがターゲットに?

クラシックワークスのディレクター、ティム・ハンニックは「JLRにとって、クラシックモデルを長く所有していただくことは、今後の中心的なミッションになります」とコメントする。

昨年ハンニックは、ランドローバー・シリーズIと、2ドアのレンジローバーの販売をアナウンスしたほか、10台のE-タイプ(シリーズI)の追加も今年に入って発表している。

JLRは、どのようなモデルを今後のレストアにおけるターゲットにするのか? 以下で共有したい。

・ランドローバー・シリーズII/IIA(1958〜1971)
・ランドローバー・ディスカバリー1(1989〜1998)
・レンジローバーP38A(1995〜2002)
・ジャガーKJ-S(1976〜1996)
・ジャガーXK8/XK-R(1996〜2006)

チーフテスターはル・マン勝者、アンディ・ウォレス

クラシック・ワークスのテストドライバーは3人いる。チームを率いるのは、XJR-9を6度目のル・マン勝利車に導いたアンディ・ウォレスだ。

ウォレスとジャガーは29年来の関係。今月の終わりからウォレスはD-タイプのテストに打ち込むとのこと。

広大な敷地と優秀なテスター。ジャガーのクラシック部門に役者が揃った。