本田(4番)や大迫が身体を張って時間を作ったが、チームとしてのリズムの作り方には課題が残った。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム 

  先制点を幸先良く取れたことから「勝点2を失った試合」とも言えますが、様々なアクシデントや試合全体の戦いから見れば、引き分けも致し方ない試合だったと思います。    それは裏を返せば、アジアにおける日本の優位性が、あまりなくなってしまったことを意味します。まだ個々のクオリティや戦術面で上回る部分はあるものの、以前のように長い時間ボールを支配する試合は見られなくなりました。    先制点を奪った後、残りの時間はまだたくさん残されていました。暑さも考えると、相手に対応しながら時計の針を進めるだけではなく、自分たちで能動的にボールをつなぎ、相手を動かす作業も必要だったと思います。    そもそも今の日本代表はそうした戦い方をしようとしていないのかもしれませんが、この試合だけを見れば、中盤にディフェンスラインと前線の間でリズムを作る役割を担う選手も必要だったと思います。 大迫選手や本田選手が身体の使い方の上手さで時間を作るシーンはありましたが、チームで時間を操ることができれば、結果的に守備の回数が減り、相手にチャンスを与えなかったかもしれません。    試合を通して、相手への対応はそれほど悪くなかったと思います。大迫選手の得点の後も全体は下げずに対応していました。「下げない」という選択は間違ってなかったと思いますが、秀逸だったのはイラクのゲームの進め方でした。    高い位置から4-4-2のような形で守備に入った日本代表に対し、まずイラクは高い位置に敷いてある日本のディフェンスラインの裏に長いボールを何本も送り込みました。高いラインを設定しているため、戻りながらの対応となる日本のディフェンスラインは大きいクリアはできません。  そうすると、大迫選手と並ぶように守備に入っている原口選手が戻る前に中盤でこぼれ球を拾うことができます。そこからイラクの左サイドに張っている6番アドナン選手に振ります。 この時、日本の右サイドの本田選手はカウンターも想定しているので、アドナン選手は本田選手と酒井宏樹選手の間で一時的にフリーになります。そこからクロスボールを入れ、ゴール前に迫っていました。


   それに対し、前半の給水タイムにハリルホジッチ監督が本田選手と酒井宏選手を呼び、本田選手がついていくのか、酒井宏選手がスライドするのか、アドナン選手のマークを徹底するように指示を出していたように見えました。 そのことで、本田選手のポジションはやや下がった位置になり中盤にスペースが生まれるため、後半には原口選手のスタート位置も少し下げたように見えました。    左サイドを突破口としていたイラクの狙いは、日本の対応により消されました。前半のようにアドナン選手がフリーでボールを持つことはなくなりました。同時に、チャンスらしいチャンスもほとんどなくなりました。日本は全体が少し下がったように見える時間帯もありましたが、こうした対応の中では問題ない範囲だったと思います。    問題はやはりボールを握ってからにあったと思います。イラクに対して、どういうルートでボールを運べばいいか、選手たちのなかで共有されているように見えませんでした。 大迫選手や原口選手の個人での突破でチャンスを生み出す以外に生産性があったのは、吉田選手から本田選手への縦パスくらいでした。相手を動かすよりも相手への対応に頭を使うことが多くなり、徐々に傷口が深くなっていった印象です。    相手に対応し、相手の勢いを削いでいた時間帯に、相手を動かす道筋を見つけて、いくつか「嫌だな」と思わせるシーンが作れていたら。後半の戦い方が少しもったいなかったと思います。

 

   サッカーにおいて、守備はボールを奪われた位置から始まり、攻撃はボールを奪った位置から始まります。相手に対応することで全体を下げざるをえなかった日本は、攻撃を低い位置から始めるしかなく、中盤で相手を動かす筋道を見つけられずに苦しみました。チーム全体で攻撃と守備のビジョンをつなぎ合わせることができず、一人一人の奮闘ぶりだけが目立ちました。【著者プロフィール】岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。J1通算290試合・35得点。J2通算82試合・10得点。日本代表8試合・0得点/鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年からJ1リーグ3連覇を達成。日本代表にも選出され、2010年の南アフリカW杯メンバーに選出された。2014年にはタイのBECテロ・サーサナに新天地を求め、翌2015年にはJ2岡山入り。岡山では2016年のプレーオフ決勝に導いた。今季から在籍する東京ユナイテッドFCでは、選手兼コーチを務める。