画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LINEは6月15日、LINEアプリと内閣府が運営する「マイナポータル」の連携に関して合意したと発表した。

マイナポータルは内閣府運営のWebサービスで、マイナンバーカードの情報をもとにアカウントを作成し利用する。同サービスでは、オンライン上で行政機関が持つ自分の情報を確認したり、行政機関からのお知らせを受け取ったり、全国の行政サービスに電子申請したりできる。

今回の連携により、今後開設されるマイナポータルのLINE公式アカウント「マイナちゃん」との簡単なメッセージのやり取りで全国の行政サービスを横断的に検索できるようになる。ユーザーの希望に合ったサービスを見つけたら、表示されたURLをタップしてマイナポータルに移動し、マイナポータルから電子申請を行う。

マイナポータルの電子申請は、子育て関連サービスを皮切りに今秋から本格的な提供を予定。LINEとの連携に関しては、2017年中に開始される見込みだ。