LINEのAIスピーカー「Wave」1万5000円で秋発売。声で家電操作・LINE返信も
LINEは、AI搭載のスマートスピーカー「Wave」を2017年秋に国内発売します。価格は1万5000円(税別、以下同)。

Waveは、LINE独自のクラウドAIプラットフォーム「Clova」(クローバ)を活用。高性能なスピーカーを搭載し、約4000万の楽曲が聴き放題です。さらに、声で話しかけて家電を操作したり、声だけでLINEメッセージへの返信も可能です。
LINE「俺の嫁ロボ」Gatebox買収──クラウドAI活用の初のスマートスピーカーも今夏発売
「いつもあなたの生活のそばにいます。毎日の生活に新しい音楽体験を与えます。スマートなジュークボックスであり、秘書のような存在であり、あなたにとって最も身近な話し相手にもなります」(LINE舛田氏)



高さは20.1cm、1kgを切る重さ。リビングやベッドルームに置いても場所を取らない大きさに設計したとのこと。

音質にもこだわったといいます。低音用に2.5インチの20Wウーファーを、高音用に1インチ4Wのツイーターを2つ搭載。

プロセッサはクアルコムの1.3GHzクアッドコア。集音用には、音声認識で高評価のCNEXANN社のマイクを搭載します。

ハードウェア仕様は上記の通り。では一体なにができるのでしょうか?

例えば、Waveに話しかけると、その内容に応じてカジュアルな会話が可能です。iPhoneのHey,Siriに相当する掛け声「Clova」と話しかければ、音声認識が起動。音楽やエンターテイメントについて尋ねれば、専門家のように回答してくれるといいます。

中核に据える機能はミュージックです。約4000万の楽曲が聴き放題。さらに、ユーザーの楽曲データベースやプレイリスト、ランキングなども学習。ユーザーの好みに合った楽曲をレコメンドしてくれます。



メッセージアプリのLINEとも連携。LINEのトークメッセージの読み上げや返信も、すべて声でで完結するといいます。

LINE NEWSとも連携し、毎日のニュースや天気予報も教えてくれるとのこと。さらに、カレンダーやTODO管理、夕飯の買い物リストも、話しかけるだけで音声メモとして残してくれます。

スマートホームデバイスとしても利用できます。声で話しかけるだけで、赤外線で操作する家電のON・OFF操作が可能。「Clova、テレビを消して」といえば、テレビを消すことも可能。リモコンで操作する煩わしさの解消をうたいます。日本の主要家電メーカーを含めた、2000メーカーの製品に対応するとのこと。