張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

荻村杯予選3回戦で1-4、本戦進出ならず…中国勢に脱帽「技術は許シンと同じくらい」

 卓球の「ジャパンオープン荻村杯」は2日目の15日、男子シングルス予選3回戦で世界ランキング39位の13歳・張本智和(エリートアカデミー)が同41位の梁靖崑(中国)に1-4で敗れ、本戦出場はならなかった。

 第1ゲームからミスが目立ち、2度の5連続ポイントを許し、2-11で落とした。第2ゲームもデュースの末に11-13で奪われた。第3ゲームは再びデュースの末に16-14で奪ったが、流れは引き戻せず、第4ゲームを6-11、第5ゲームを8-11で落とし、終戦した。

 試合後、張本は「今日は50点くらい。相手は実力的に全然上だった。映像は見ていたし、しっかり自分がつないでいけばミスもあってチャンスがあると思ったけど、(自分に)考えてないようなミスが多かった」と悔しがった。史上最年少で8強に入った世界選手権で敗れた許シン(中国)へのリベンジを誓った大会だったが「試合中の余裕は許シンの方があったけど、技術は同じくらいだった」と中国勢のレベルの高さに脱帽していた。

 昨年は21歳以下の部を史上最年少で制覇。大ブレイクへの足掛かりを作り「自分の人生を変えた」という大会だったが、本戦出場はならず。男子ダブルスでの巻き返しを狙う。