ロードバイクのメンテナンスの基礎知識を伝授するコーナー。今回は、「プレスフィットBB(ボトムブラケット)の脱着(シマノ他)」のやり方についてレクチャーしていきます。すでに中上級機種では、標準的な装備となっている装着に圧入作業が必要なプレスフィットBB。脱着作業には、より専門的なツールが欠かせません。

 

【使用する工具】

左からハンマー、ベアリングリムーバー、圧入ツール、モンキースパナ

 

【BBを外す】

ホローテック競ランクに対応している従来のネジ式BBに対して、プレスフィットBBはシェルにネジ山を持たないタイプのフレームに使用するBBだ。従来型のBBではベアリングを収納するカップがフレームの外側に露出していたが、プレスフィットBBはカップ自体がフレームの内部に収納された形状。ネジ山を持たない構造であるため、取り外すにはリムーバーを介してハンマーで叩き出す必要がある。

 

また、取り付けに関しても専用工具を使って圧入する必要があるため、BB自体の再利用や流用は基本的にNGと考えるべき。多くのプレスフィットBBはカップに樹脂を使用しているため、脱着作業によってカップが歪んだり、破損したりする可能性が高いからだ。

 

1.クランクを取り外したら作業対象となるBBの軸穴に、広がっている方を外側にしてベアリングリムーバーを挿入する。

 

2.反対側のBBからベアリングリムーバーを途中まで引き出す。カチッという小さな音が2回聞こえたら一旦停止。

 

3.ベアリングリムーバーの爪がBBのカップに掛かっている感触を確かめながらハンマーで叩き出す。このときBBが飛び出さないようにウエスで軽く押さえておく。

 

4.片側のBBが取り出せたら、反対側のBBも同様の手順にて取り外す。

 

【グリスを入れ替える】

5.フレームのBBシェルに残った古いグリスをウエスで拭い取る。

 

6.水や埃、泥などの混入を防ぐために新しいグリスをBBシェルへ塗布する。

 

【BBを取り付ける】

脱着ともに作業工程はシンプル。しかし、取り付けの際にはBBがフレームに対して水平を保っていることを確認しながら慎重に作業を進めなくてはならない。万が一、斜めに圧入した場合はフレームがダメージを負って使用できなくなるケースも。違和感を感じたら力技で作業を続けず、一度立ち止まることを忘れずに。

 

7.左右のカップを繋ぐインナーカバーは取り付ける方向が指定されている。

 

8.フレームのBBシェルに取り付けるベアリングを宛てがい、圧入ツールをセットする。

 

9.フレームに対して水平が保たれているか確認しながらBBをフレームに押し込んでいく。

 

10.BBが隙間なく均等に圧入されているかチェックする。左右同様に取り付け、問題が見つからなければ作業は完了。

 

【こちらもチェック】

プレスフィットBBは再利用可能

多くのプレスフィットBBはカップに樹脂を使用しているため、一度脱着を行なったBBの再利用や他車への流用は、基本的にNGと考えておくべき。取り付けには必ず新しいBBを使用しよう。