テイラー・スウィフトと交際中の英国俳優ジョー・アルウィンが、次回作『Mary Queen of Scots(原題)』でマーゴット・ロビーと共演することを『ハリウッドリポーター』が報じた。本作ではエリザベス1世とスコットランド女王メアリー1世との確執を描き、エリザベス1世役にマーゴット・ロビー、メアリー1世役にシアーシャ・ローナンが起用されている。ジョーはエリザベス1世の家臣であり、恋人でもあったレスター伯ロバート・ダドリーを演じる。

エリザベス1世役のマーゴット・ロビー&メアリー1世役のシアーシャ・ローナン

生後すぐにスコットランドの女王になった彼女は6歳でフランスの皇太子フランソワ2世と婚約。フランス王妃となるけれど、夫が亡くなったためにフランスからスコットランドに帰国する。その後、イングランドのエリザベス女王と宗教問題や王位継承権を巡って対立、処刑されてしまうというストーリー。 ちなみにダドリーはエリザベス女王に深く愛され、政治にも大きな影響を与えた人物。エリザベス女王がメアリーの処刑を決めたのもダドリーが説得したから、という説も。またエリザベス女王が結婚しなかったのもダドリーを愛していたからだと言われている。

映画『Billy Lynn's Long Halftime Walk(原題)』の監督&キャスト

アン・リー監督の『Billy Lynn's Long Halftime Walk(原題)』の主演で映画界デビューを飾り、俳優として高く評価されているジョー。テイラーの新恋人として有名になってしまったけれど、俳優として大ブレイクする日は近そう。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka