就活スタイル編集部

写真拡大

就活の選考は、慣れないことばかりで緊張の連続でしょう。特に普段人の前に立つ機会がなかった場合には、面接やグループディスカッションでガチガチに緊張してしまうのも仕方のないことだと思います。先輩たちは、その中でもどの選考段階が一番緊張したのでしょうか? 就活を経験した社会人のみなさんに聞いてみました。

■就活で一番緊張したのはどの選考ですか?

面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

第1位「一次面接」63人(36.8%)
第2位「最終面接」37人(21.6%)
第3位「グループディスカッション」33人(19.3%)
第4位「二次面接」15人(8.8%)
第5位「グループ面接」13人(7.6%)

●第1位「一次面接」

・人見知りだったので緊張した(男性/50歳以上/その他)
・その会社の中での最初の面接で、どのような雰囲気なのかわからないから(男性/27歳/運輸・倉庫)
・あまり慣れていない段階だったので(女性/26歳/医薬品・化粧品)
・会社の雰囲気で緊張するから(女性/28歳/その他)

●第2位「最終面接」

・入れるか入れないかの瀬戸際だから(男性/34歳/商社・卸)
・そこで最終結果が決まるし、重役も出てくるから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・役職の方と話すのは緊張するから(女性/23歳/人材派遣・人材紹介)
・ここで全てが決まるから(女性/25歳/生保・損保)

●第3位「グループディスカッション」

・ライバルへの対応は緊張する(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・雰囲気に飲まれる(女性/30歳/小売店)
・みんなの前で発言することが苦手(女性/46歳/その他)
・周りと比べてしまうから(男性/40歳/情報・IT)

●その他

・二次面接。面接官が複数いると話をするのに焦るから(女性/21歳/食品・飲料)
・グループ面接。人数が多いので異なる回答を言わなければいけないから(女性/26歳/建設・土木)
・グループ面接。個別面接よりも周りを意識してしまうから(男性/24歳/金融・証券)
・筆記試験・webテスト。点数はどうフォローもできない(女性/23歳/自動車関連)

はじめて会社の人と話をする一次面接や、結果が決まる最終面接に緊張したという人が多かったです。うまく話すことができなかったら、と思うと自然と緊張してしまいますよね。

いかがでしたか? 選考は段階を踏んで行われます。途中で失敗してしまうともうその時点でアウトだと思ってしまい、余計に緊張して普段の自分を出せないという人もいるでしょう。先輩社会人の経験を見ても、多くの人が緊張していたことがわかるので、自分だけだと思わず、一度深呼吸してリラックスした状態で選考に臨みましょう!

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年6月
調査人数:就活を経験した社会人男女171人