シャレオツレシピ動画は豚バラ巻き過多…何を巻いてもウマイ?

写真拡大

最近、レシピ動画を公開するグルメ系メディアが増えています。インスタグラムやキュレーションアプリで、オシャレでかわいい動画を観たことがある人も多いはず。しかし、そんなレシピ動画の作り方に疑問を抱く声が…。

レシピ動画は豚バラ肉で巻きすぎじゃない?

いろんなアイデア料理のレシピを動画にしている半面、同じパターンが繰り返されているのです。それが「豚バラ肉で巻きすぎ」問題。Twitterユーザーののど飴@nodoame_3さんの以下ツイートは、リツイートといいねを合わせて6万4000件以上の反応になっています。

“動画レシピサイト、どこもレシピ数を稼ぐために豚バラで何か巻くしかない状態になってるからそう長くは持たない気がする。こんなのもう普通に焼きそば食えばいいのに”

焼きそばの麺を細かく切り、豚バラ肉で巻いて焼くなら、確かに普通の焼きそばでいいかもしれません。とはいえ、豚バラ肉で食材を巻き上げることで、思わぬおいしさに巡り合える可能性も。そこで、いろんな食材を巻き焼きしてみました。

豚バラ肉とてりやき味ならなんでもウマイ可能性

アスパラガスやエノキ、トマト、もやしなど、一般にも浸透している食材を試しても仕方がないので、ネットの画像検索で「豚バラ 巻き」をザッと調べ、検索結果に該当しないであろう食材でチャレンジ。

【巻く食材】

・白菜の漬物

・小松菜

・食パンの耳

・冷凍餃子

味付けはしょうゆとみりん、砂糖のてきやり風味の豚バラ巻きでよくある味付けに。白菜はよく水気を切り、小松菜と食パンの耳は食べやすい大きさにカット、冷凍餃子はそのままの状態で、それぞれ豚バラ肉で巻き、フライパンで焼きます。完成品が下の画像(左から食パンの耳、白菜の漬物、冷凍餃子、小松菜)。

結果は…どれもウマイ! と言いたいところですが、食パンの耳は正直イマイチでした…さすがにパンを巻くのは無理があったかも。ですが、それ以外はとてもおいしく、とくに、白菜の漬物はシャキシャキとした食感が残っていて◎。冷凍餃子もてりやき味とよく合い、ボリューム満点のおかずになります。

予想通りですが、小松菜も問題なくおいしかったので、「豚バラ巻き×てりやき味」なら、一般常識の範囲内の食材を巻く限り、おいしく仕上がりそう。冷蔵庫の余りものを処分するのに困ったら、とりあえず豚バラ肉で巻いちゃう、という調理もアリかもしれませんね。

(文・山手チカコ/考務店)