「き、来たー!」思わず返信が待ち遠しくなっちゃう女子のLINEの特徴

写真拡大



自分のLINEが相手に届いたとき、「またお前かいっ!」って思われるよりも、「うわぁ、めっちゃ嬉しい!」と思われる方がいいですよね。では、そんな返信が待ち遠しくなっちゃうLINEには、どんな特徴があるんでしょうか。20代男子30人と一緒に考えてみましたよ。

■1.基本遅い

「わざとなのかたまたまなのか、返信に時間がかかっちゃう人っているよね。そういう人のLINEって、やっぱり通知が来ると、『おっ、やっと来たじゃん』って思うんだよね」(大学生/21歳)

「返信遅いなー」って、ついつい相手の返事を待っている自分の姿に気づいて、「あれ、返信を心待ちにしてしまっている……?」と思ってしまうんでしょうね。たしかに、即レスの人のLINEって、全然ありがたみがありませんもんね(笑)。

■2.にぎやか

「顔文字がたくさん使われていたり、スタンプが面白かったり、そういう目で楽しめるような子のLINEは、来ると嬉しいと思います」(公務員/24歳)

そうですね。あっさりしてる人のLINEは、ものの1秒で読めちゃって、事務連絡みたいなのにはそういうのもいいけど、にぎやかなLINEは、楽しくて、何度も見ちゃったりもします。ただ、あんまりにも長文散文だと、読む気も起きずに既読スルーになってしまうので、その点注意です。

■3.ひとネタ

「なんかちょっとプッて笑っちゃうようなネタが入ってると、絶対に心待ちにしちゃうと思う。友達で、いつもネットで見つけたクソ笑えるニュースを送ってくるやつがいて、やっぱりそいつからLINE来るとうれしいもんね(笑)」(大学生/22歳)

あんまりやりすぎて、ただの「面白い友達」認定されてしまってはいけませんが、「この子とLINEするの好きだな」とまず思わせるには最適の材料です。笑えるネタじゃなくても、かわいい猫ちゃんの画像とか、癒されるものでもオッケーでしょう!

■4.好意が透けている

「自分のことを何とも思っていなそうな人よりも、自分に対して好意を持ってくれていそうな人からのLINEの方が、嬉しいよね、当然」(営業/24歳)

当たり前すぎることですが、好きな人にLINEをするとき、「好きです」って気持ちがちょっとでもいいから伝わるような内容にすることは大事なことです。どうせ好きなんだから、それを隠したって意味ないし、隠そうとして無意味に淡白なLINEになってしまっては、「この人は、いったい何の目的で俺にLINEをしてくるんだ?」と思われてしまい、何のアプローチの効果もありませんから。「気がある」とバレてしまって、それでダメなら、もともと何をしたって叶わぬ恋と割り切って、正々堂々といきましょう!

■おわりに

好きな人といきなりバンバン会いまくれるなんてことはなかなかないわけで、最初のうちは、とにかくLINEが重要な鍵となることは多いです。ですので、たかがLINEとあなどらず、会ったとき以上の気合いでデュエルしていきましょうね!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)