15日、環球時報によると、韓国与党「共に民主党」の秋美愛代表は14日、安倍晋三首相の特使として訪韓した二階俊博自民党幹事長に慰安婦合意の再協議を求めたことを明らかにした。写真はソウルの慰安婦少女像。

写真拡大

2017年6月15日、環球時報によると、韓国与党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表は14日、慰安婦問題に関する日本政府からの謝罪などを求め毎週水曜に行われている「水曜集会」に参加し、安倍晋三首相の特使として訪韓した二階俊博自民党幹事長に慰安婦合意の再協議を求めたことを明らかにした。

記事はハンギョレ新聞の報道を引用し伝えたもので、秋氏は集会の場で12日の会談内容を公表した。記事によると、秋氏が「合意には不合理な内容が存在し、無効かつ再協議が必要」との考えを伝えたのに対し、二階幹事長は「両国が合意したことで絶対に守るべきもの」という主旨の反論をしたという。秋氏は二階幹事長が帰国後に日本の政界関係者や国民にわれわれの考えを伝えてくれることを希望するとも語ったという。(翻訳・編集/野谷)