トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のレストラン2017」で、グルテンフリーのメニューを提供する東京都渋谷区にある『グルテンフリーカフェ リトルバード』が初登場で7位にランクイン(トリップアドバイザー株式会社)

写真拡大

 世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」は、同サイト上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の日本のレストラン2017」を発表。お寿司や和牛をはじめ、イタリアン、メキシカン、ペルシャ料理、タイ料理などの多国籍料理やフュージョン料理を提供するところや、グルテンフリーメニューを提供するレストランなどが入った、ユニークなランキングとなった。

 本年で4回目となる「外国人に人気の日本のレストランランキング」では、大阪の『お好み焼き ちとせ』が昨年の28位から大きく順位を上げて1位に選ばれた。トリップアドバイザーによると、「お好み焼きは、手頃な価格で食べれるジャパニーズフードでありながら、ベジタリアンに対応のお店も多いことから、年々人気を集めているのでは」としている。

トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のレストラン2017」を発表、大阪府大阪市の『お好み焼き ちとせ』が1位(トリップアドバイザー株式会社)

 2位には、昨年の12位より順位を上げたイタリア料理の『ニーノ』(奈良県奈良市)が、3位にはフレンドリーなオーストラリア人のオーナーが旅のワンポイントを教えてくれると人気の『クマ カフェ』(大阪府大阪市)がランクインした。

 今年のランクインした食事処は半分以上が初登場となった。和牛、お好み焼き、ピザ、お寿司、エスニック料理とジャンルは多岐にわたる。傾向として、今年は、居酒屋スタイルのお店やお好み焼き屋など、比較的手頃な価格で食べられる施設が多く選ばれた。

 口コミを見ると、味への評価に加え「welcoming(歓迎してくれる)」「comfortable(居心地が良い)」といったムードに対する評価が目立った。英語に精通したスタッフを抱えるお店も多く、外国人旅行者の受け入れ態勢が整っているところは人気。

 今年の特徴として、北陸新幹線の影響か、石川県金沢市の施設が1軒から4軒に、岐阜県高山市の施設が2軒から6軒に増えた。外国人観光客が主要観光都市である東京、大阪、京都のみを回るのではなく、地方の観光スポットに足を延ばしている。

 1〜30位までのランキングは下図のとおり。

トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のレストラン2017」を発表(トリップアドバイザー株式会社)

(編集・甲斐天海)