「MAMORIO」イメージ

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は14日、紛失防止デバイス「MAMORIO」を手がけるMAMORIO株式会社と協力し、お忘れ物総合取扱所(飯田橋駅構内)・銀座線渋谷駅・丸ノ内線池袋駅・有楽町線新木場駅の4か所で「お忘れ物自動通知サービス」の実証実験を実施すると発表した。対象は、「MAMORIO」を使用しているユーザー。

 

MAMORIOはバッグや鍵、財布などに取り付けるタグ状のデバイスで、取り付けたアイテムが手元から離れるとスマートフォンに通知して知らせるデバイス。

今回は、実証実験のためにタブレット端末を使った専用アンテナを設置。スマホの通知に気が付かず、紛失物がお忘れ物総合取扱所・駅に届けられた時、専用タグから発信される位置情報を専用アンテナで受信し、位置情報を持ち主に通知する。

サービスイメージ

メトロでは、2016年の1日あたりの忘れ物は1835件で、返還率は約29%となっており、「お忘れ物自動通知サービス」の導入で忘れ物の早期発見・引渡しに繋がるとしている。

 

実施期間は2017年6月19日〜2018年3月31日。

 

発表資料

URL:http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20170614_g25.pdf

2017/06/15

 


▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売