様々なエレクトロニクス製品のレビューを行うことで知られるConsumer Report誌は14日、SamsungのフラッグシップモデルであるGalaxy S8とS8 Plusをそれぞれ82点とし、自社のスマートフォンランキングにおいてトップとしました。

カメラ性能やデザインなどを高く評価

Consumer ReportがSamsungのGalaxy S8シリーズを高く評価する決め手となったのは、カメラの性能、バッテリーの駆動時間、防水性能、デザインなどです。
 

 
特にカメラについては、iPhone7 PlusやLG G6と異なりデュアルカメラではないものの、それによる欠点はみられないとConsumer Reportは高く評価しています。事実、以前に著名なユーチューバーが行った、iPhone7 PlusとGalaxy S8のカメラ性能比較テストでも、Galaxy S8が大きく見劣るということはありませんでした。
 
また、デザインについても、アスペクト比が18.5:9、従来ホームボタンがあった場所までディスプレイ領域が拡大するなど、次世代スマートフォンの先鞭をつける内容として評価されています。

指紋認証センサーの位置に不満も

もっともConsumer Reportは、Galaxy S8/S8 Plusの欠点として、指紋認証センサーが背面の奇妙な位置にあることを挙げています。
 

 
Galaxy S8シリーズはもともと、指紋認証センサーがディスプレイ下に埋め込まれるのではないか、という予想がリリース前に出ていました。しかし、実際にはメインカメラの右という変わった位置に配置されており、おかげで「何度も、場所を探そうとしてカメラレンズを(指紋で)汚してしまった」とConsumer Reportはコメントしています。
 
なお、Galaxy S8シリーズ以下は、Galaxy S7 Edge、LG G6、iPhone7 Plusが77点で3位となっています。
 
 
Source:Consumer Report,The Korean Herald
(kihachi)