アウディのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「Q8」市販型のコックピットを初めてカメラが捉えました。

そこに見えたものは、ダッシュボード上部と、センターコンソールにあるタッチスクリーン・ディスプレイです。ボタンやスイッチを極力減らし、ダイレクトに素早い操作を可能にします。

ただ、これはあくまでもプロトタイプのため、市販時にはコックピットにスッキリとマウントされるはずです。

また、今回新たにフレームレスウィンドゥが採用されていることが、ドアのオープン写真によって初めて発覚しました。クーペスタイルのボディ強化が理由と思われますが、ライバルのメルセデス「GLE クーペ」やBMW「X6」にはフレームがあり、差別化されているようです。

パワートレインは、3リットルV型6気筒ガソリンエンジンのほか、最高出力476psを発揮する「e-TRON」プラグインハイブリッドのラインナップが予想されています。

市販型は、2018年より発売となりそうです。

(APOLLO)

これが究極のボタンレス・タッチディスプレイだ!アウディQ8市販型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/06/15/480609/)