8月31日まで開催!

写真拡大

 ジョニー・デップ主演の人気シリーズ第5弾「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の公開を記念し、東京ディズニーランド(TDL)で本作の世界観が堪能できるスペシャルプログラムがスタートした。本日6月15日から8月31日まで開催され、作品のキーアイテムが登場する謎解きイベント「パイレーツ・ミステリー 3つの“宝”を探せ」や期間限定のフード&ドリンクなどを展開。来場者たちは、細部にまでこだわられた“パイレーツ・ワールド”に大喜びだった。

 人気アトラクション「カリブの海賊」に乗った来場者を対象とする「パイレーツ・ミステリー 3つの“宝”を探せ」は、「アドベンチャーランド」エリアで行われる体験型イベントで、配布された地図を頼りに劇中のキーアイテム(宝)を探し出すというもの。宝の地図を片手に歩き回っていると“パイレーツ”ファンにはたまらないポイントを至るところに発見。「カリブの海賊」の外観には、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の横断幕、そして出口付近にはジャック・スパロウの手配ポスターも見られるフォトスポットが設置されていた。

 宝の隠し場所は発見しにくく、気を抜いていると素通りしてしまうことも。東京、千葉、茨城、愛知から集った女性4人組に話を聞くと「TDLで謎解きイベントが楽しめるのは嬉しいです」とニッコリ。中学生時代からの“腐れ縁”だという男女は、ある宝の隠し場所のヒントの解明に時間を要したようだ。そして「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」については「若い頃のジャック・スパロウの姿が見られるのが楽しみ!」と期待を寄せていた。

 3つの宝をゲットできた人には思わぬご褒美も。それぞれの宝の付近に備えられているQRコードをスマートフォンで読み込むと、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の特別映像と、ジャック・スパロウを演じるデップからのメッセージが視聴できる。また、海賊たちがブラスバンドを結成して陽気な音楽を演奏する「パイレーツ・ブラス」には、ジャック・スパロウが飛び入り参加。トランペット、トロンボーン、ホルン、巨大なドラムセットから奏でられるリズミカルなメロディと、ノリノリでステップを踏むジャックの姿に、来場者は大盛り上がりだった。

 オリジナルフードとして販売される「パイレーツ・スパイシー・トルティーヤ」(520円/販売店舗:カフェ・オーリンズ)は、どくろの焼き印が押されたワイルド一品。スパイスがピリリと効いたポークスライスと、マンゴー風味のソース&マヨネーズが絶妙にマッチしている。「パイレーツ・スパークリングドリンク」(380円/販売店舗:ロイヤルストリート・ベランダ)は、グレナデン&ミントシロップの爽やかな風味が夏にぴったり。クランベリーゼリーとグァバソースを含んだ“はじけるボール”の食感も楽しく、宝探しで火照った体をしっかりとクールダウンさせてくれる。

 また、グッズ販売店「パイレーツ・トレジャー」では、「カリブの海賊」にちなんだスポーツタオル、ポーチ、クリアファイルなどが発売される。「パイレーツ・ミステリー 3つの“宝”を探せ」ほかのスペシャルプログラムは、8月31日まで開催。「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は、7月1日から全国で順次公開される。