握手を交わす千氏(右)とシャノン氏(統一部提供)=15日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の千海成(チョン・へソン)統一部次官は15日、来韓中のトーマス・シャノン米国務次官(政治担当)と政府ソウル庁舎で会談し、両国の対北朝鮮政策や北朝鮮情勢などについて意見交換した。

 統一部によると、シャノン氏は北朝鮮の核問題の根本的な解決が最優先課題だとし、対北朝鮮政策の推進では両国の強固な連携が必要と強調した。千氏は今後とも米国と緊密に協力しながら、南北関係を進めると応じた。
 シャノン氏は今月末に開催される韓米首脳会談の調整のため13日に来韓した。15日に帰国する。
kimchiboxs@yna.co.kr