中国が独自に開発した国内初の全自動(無人)運転となる北京地下鉄燕房線で、初のテスト走行がこのほど実施された。

写真拡大

中国が独自に開発した国内初の全自動(無人)運転となる北京地下鉄燕房線で、初のテスト走行がこのほど実施された。全線テスト運転も近く行われる予定で、今年末の全線開通を目指している。新華社が伝えた。

同路線の敷設を担当した中鉄電気化局一公司によると、北京地下鉄燕房線列車の最高時速は80キロメートル、車両は4両編成で、乗客最大定員は1262人。現在は、列車運行管理総合指令システムによる各種系統機能の調整作業が主に進められている。客車の検収、ケア、管理、検査など各業務に関して、一連の完備された管理システムが確立される。

全自動運転の最大のメリットは、列車の運行がスムーズに行われる点だ。発車・加速・停車はもちろんのこと、区間運行についても、列車の運行がスムーズなものとなるようにコンピューターが制御することで、乗客の快適な乗り心地を最大限保障する。(提供/人民網日本語版・編集/KM)