13日に行われたサッカーのW杯アジア最終予選で、日本はイラクと対戦し1−1で引き分けたが、この試合を裁いた中国人審判のジャッジについて中国のネットユーザーからも疑問を呈する声があがっている。

写真拡大

13日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、日本はアウェー(中立地イラン)でイラクと対戦し1−1で引き分けたが、この試合を裁いた中国人審判のジャッジについて中国のネットユーザーからも疑問を呈する声があがっている。

問題のシーンは日本が1−0でリードした前半27分。後方からのフィードを受けたFW大迫勇也がペナルティーエリア内で身体を入れ替えて完全に抜け出すと、イラクDFが後方から大迫の体を押さえつけるようにして倒した。しかし、傅明(フー・ミン)主審はファウルと判定せず、大迫は手を挙げてジャッジに対する不満をアピールした。

この試合を放送した中国のアナウンサーも大迫が倒れた瞬間に「PKです!」と声を上げたが、ノーファウルの判定に「ゴールキックですね。おそらく押さえつけた力と2人の…ポジションでしょうか」「どちらとも取れる難しい判定ですね。PKだとしてもまったくおかしくありませんでした」とフォローするのがやっとだった。

このプレーについては、日本のネット上では主審が中国人であることに絡めた批判が数多くあがったが、中国のネット上でも批判的な論調は同じようだ。「こりゃ確かにPKですな」「完全にPK。中国人審判にはプロ意識がない」「このレベルの審判が国際試合で笛吹けるのか?」「中国代表がすでに恥なのに、中国人審判まで恥をさらすとは」「明らかにPK。どうりで中国リーグの審判がダメダメなわけだ」といった声のほか、「こんなに明らかなファウルなのに、日本の選手は激しく抗議していない」と日本の選手の潔さに言及するコメントも寄せられている。

傅明主審のジャッジが試合を通じて公正だったことは、試合後に大きな批判を浴びていないことからもわかるが、ドローという結果に日本としては「ここでPKの判定が下されていれば」という思いもあるのは正直なところだろう。(翻訳・編集/北田)