北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)は14日、「6・15共同宣言」発表17周年に際する声明のなかで、韓国の文在寅政権を非難した。

声明は、2000年に金正日総書記と金大中元大統領が会談して署名した「6・15共同宣言」と 2007年に金正日氏と盧武鉉元大統領が会談して署名した「10・4宣言」は、「歳月が流れても永遠に変わらない民族共通の統一大綱として残っているであろう」と強調した。

つづけて「しかし、南朝鮮の新当局者らはこの苦い教訓を忘却し、執権初日から不穏当な言行をこととし、もはや北南関係の前途を甚しく曇らせている」としながら文在寅政権に対する非難を展開した。

声明は、「この国、あの国に『政権』維持を哀願して娼婦のような行為をこととしていた朴槿恵の時とこんにちが変わったものが果たして何であるのか」と指摘した。

また、「もし、南朝鮮の現執権者が真にキャンドル民心の代弁者であるなら、本当に朝鮮民族の血と魂がある人間であるなら、民族自主と縁のない汚らわしくて哀れな行為からやめる勇断を下して当然であろう」と主張した。

さらに、「B1Bのような核戦略爆撃機編隊と原子力潜水艦をはじめとする核打撃手段を南朝鮮に頻繁に引き入れて同族を害する侵略戦争演習をさらにヒステリックに行っている」と非難した。

そのうえで、「米国とその追随勢力があくまでも無分別に襲いかかるなら、正義の核の霊剣で侵略者をその牙城まで焦土化するすべての準備ができている」としながら「近くにある米国の核戦略資産を撲滅するのはもちろん、大洋向こうの米本土に巣くっている侵略者の巣窟まで打撃できるように精密に手抜かりなく準備されたわれわれの核攻撃手段である」と強調した。