ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

2か月ぶり復帰戦で39歳に逆転負け「かなりフラストレーションを溜めている」

 男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ・シュツットガルト)は14日(日本時間15日)に行われ、休養から復帰戦となった世界ランキング5位、ロジャー・フェデラー(スイス)は初戦の2回戦で39歳のトミー・ハース(ドイツ)に逆転負け。王者がまさかの不覚を取り、ATP公式サイトでは「フラストレーションを溜めてしまった」と敗因を語ったと伝えている。

 クレーコートシーズンを全休し、グラスコートシーズンに専念したフェデラー。しかし、王者の復帰初戦は思わぬ、つまづきとなった。

 第1セットは6-2と危なげなく奪取。第2セットは一度はセットポイントとしながらタイブレークの末6-7で落とすと、最終セットで再三訪れたブレークチャンスをものにしきれず、逆にハースにブレークを許して4-6。セットカウント1-2で敗れた。

「今日は典型的なグラスコートでの試合だったね。ラリーはそこまで長くならず、サーブやリターンが決まる展開となった。ブレークやセットを奪えるチャンスでそれができなければ、最終的に自分が責任を負うことになる」

 こう受け止めた上で、続けた。

「プレー自体は悪くない」も…明かした敗因「シャープさを欠いたことは明らか」

「事実として、彼が少し上回ったと理解できる。かなりフラストレーションを溜めているが、こういったことは往々にして起こることだよ」

 フェデラーは試合を振り返り、敗因を語った。

 復活優勝を遂げた1月の全豪オープン以降、BNPパリバ・オープンとマイアミ・オープンも制し、全盛期の強さを取り戻した印象を残していたが、2か月ぶりの実戦で試合勘も影響したようだ。

「プレー自体は悪くはなかった。何度かいい時間帯があったしね。だけど、シャープさを欠いていたことは明らかだった。リードを奪って以降も上手く試合を運ぶべきだと思っていたが、私は決定的なミス、判断の過ちをしてしまったね」

 休養明けによもやの黒星を喫してしまった芝の王者フェデラー。7月のウィンブルドンまでコンディションを上げることができるだろうか。