学生の窓口編集部

写真拡大

日本の大学はお金がかかることで有名。特に私立大学となると学費を払うのは大変ですよね。大学生の中には、自分で学費を収めるために奨学金制度を利用している人も少なくありません。奨学金に使い道の制限は特にありませんが、実際はなんにあてている人が多いのでしょうか? 今回奨学金をもらっている大学生のみなさんに聞いてみました。

■奨学金は主に何代にあてていますか?

将来は大富豪? お金持ち診断

第1位「学費」83人(48.5%)
第2位「家賃・下宿費」37人(21.6%)
第3位「食費」16人(9.4%)
同率第3位「光熱費」16人(9.4%)
第5位「教材費」4人(2.3%)
第5位「クラブやサークルの活動費」4人(2.3%)

●第1位「学費」

・兄弟がいるのでお金が親の稼ぎだけでは足りないから(男性/19歳/大学2年生)
・私大なので学費が高いから(男性/19歳/大学2年生)
・高額で親の収入だけでは足りないから(女性/18歳/大学1年生)
・学費が高く、家庭内のお金では到底払えないから(女性/20歳/大学3年生)

●第2位「家賃・下宿費」

・学費は親に払ってもらっているから(女性/19歳/大学2年生)
・親の財布から家賃を全部払ってもらうと親が倒れるから(女性/20歳/大学2年生)
・毎月かかるし、けっこう大きいから(女性/21歳/短大・専門学校生)
・家賃が高いのでしょうがない(男性/22歳/大学2年生)

●第3位「食費」・「光熱費」

・学食などに頼っているところがあるから(女性/18歳/大学1年生)
・家賃などは、親に払ってもらっていて、それ以外にどうしても必要なのが食費だから(女性/21歳/大学3年生)
・生活費以外は両親が支払っているから(女性/22歳/大学4年生)
・奨学金が生活費(女性/20歳/大学3年生)
・家賃は親、奨学金を生活費にあてて負担を減らすため(男性/21歳/大学4年生)

●第5位「教材費」・「クラブやサークルの活動費」

・かからないと思っていても、意外にかかってくるお金だから(男性/19歳/大学2年生)
・吹奏楽部に所属しているが、定期演奏会や県外の大学との合同演奏企画などへの参加の際、参加費が万単位でかかるから(男性/21歳/大学3年生)
・研究費が高額(男性/26歳/大学院生)
・高いから(女性/18歳/大学1年生)

奨学金は学費・生活費にあてている人が実に9割以上。家計やアルバイトだけでは学費や生活費がまかなえない人が多いことがよくわかる結果となりました。

奨学金は将来返済しなければならないことが多いので、苦労するかもしれませんが、充実した大学生活のためにはどうしても必要なものかもしれませんね。うまく必要な出費に充てられるよう、バイト代や仕送りと合わせてやりくりしていくことが大切なのではないでしょうか。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年4月
調査人数:奨学金を利用している大学生男女171人(男子大学生90人 女子大学生81人)