どこかで魅力的な女性に出会ったら、あなたはどうするだろうか? 遠くから眺めるだけ? 勇気を出して声をかけてみる? 中国の科学者が、そんな時に頼りになる研究結果を英国の学術誌『ネイチャー』に発表した。具体的に、「女性に対してどんな口説き文句を使えば効果的か」を調べたという。

女性は斬新な暗喩表現を好む?

研究したのは、中国の電子科技大学の科学者ら。124人の女子学生(平均年齢20.69歳)を対象に、ロマンティックな意味合いで褒める際に「直球」で表現した場合と、「従来的」または「斬新」な暗喩表現にした場合とでは、どれが好まれるかを調査した。さらに褒める内容も、外見(目、唇、髪、顔、笑顔)を褒めるケースと、所有物(窓、扉、屋根、家、庭)を褒めるケースで比較した。

研究結果によると、女性たちから最も好意的な反応を得たのは、斬新で暗喩的な表現を使って褒めた言葉だった。また、外見的な特徴を褒める方が、所有物を褒めるよりも好まれたという。つまり、斬新で暗喩的な表現を使い、外見を褒めるのが一番効果的のようだ。

【参考記事】英国的「行列」のお作法とは? 行列と「6」の不思議な関係

「いたずらな小鬼みたいな笑顔だね」

では具体的にどんな台詞なのか? そこが一番知りたいところだろう。科学者たちは、いくつかの褒め言葉を作り、部門ごとに分けて検証した。

「あなたの瞳は朝露のようだ」と「君の笑顔はいたずらなゴブリンのようだね」は、「従来的な暗喩を使った外見を褒める言葉」部門だ。一方で、「君の屋根は恋人の肩だ」と「あなたの庭は花の海だね」は、「斬新な暗喩を使って所有物を褒める言葉」部門だ。「とてもセクシーな唇だね」や「頑丈な扉だね」は「直球の褒め言葉」部門だという。

正直言って、意味不明だ。「瞳が朝露のようだ」はいいとして、自分の笑顔が「いたずらなゴブリンみたい」と言われて、中国人女性は喜ぶのだろうか。ゴブリンとは、「小鬼」とも訳される、ヨーロッパの民間伝承などに出てくる醜い姿をした意地の悪い精霊だ。

この研究結果を報じた英国のサン紙も、混乱を隠さない。「ロスト・イン・トランスレーション......つまり翻訳の過程で何かが失われてしまったものなのか、もしくは中国の女性は男性に自分の家の屋根や庭に特に関心を持って欲しいものなのか、我々にはよく分からない」と述べている。

松丸さとみ