アニメ版「ランニングマン」主題歌はEXO-CBXに決定!アイドル×アニメのコラボに“高まる期待”

写真拡大

SBS代表バラエティ番組「ランニングマン」をモチーフにした3Dアニメーションが7月末からSBSで放送される。

「アニメーション・ランニングマン」は、色んな動物がランニングマンチャンピオンシップ大会に参加した動物選手たちの冒険を描いたファンタジーアクションで、バラエティ「ランニングマン」で紹介された“名札取りゲーム”を含む様々なゲームやアイテムが、アニメーションで新たに再創造された。

SBSはLINE FRIENDSと共同で「アニメーション・ランニングマン」を企画し、制作はCGIアニメーション専門会社LOCUS ANIMATION STUDIOSが引き受けた。

「アニメーション・ランニングマン」は24部作(1部30分構成) で製作され、7月末から週末の午前のゴールデンタイムに、UHDで放送される予定だ。

SBSコンテンツパートナーシップチームのナム・ヒョンソクチーム長は「『アニメーション・ランニングマン』は、TVアニメーションシリーズで初のUHDで放送され、劇場版アニメーションレベルのクオリティを期待してもいい」と自信を示した。

特に、最高の韓流アイドルグループEXO-CBXが主題歌を歌い、より一層関心が集中している。

EXO-CBXは、優れた歌唱力で「アニメーション・ランニングマン」の明るくポジティブなエネルギーを完璧に表現し、最高のアイドルグループとコンテンツの幻想的な相乗効果を生み出した。

主題歌の録音直前、予告映像を見たEXO-CBXのメンバーは声を揃えて「とても面白い。本編が楽しみだ。映像でちょっとだけ見ただけでも、自然にウキウキして楽しく歌うことができそうだ」と期待を高めた。

「アニメーション・ランニングマン」の制作陣は、本日(15日) から様々な予告映像、キャラクター紹介映像、EXO-CBXの主題歌映像、予告映像などをSBS TVやホームページなどを通じて公開する。